大阪杯 2017 競馬コンシェルジュ 予想と買い目

今週 4月1日放送の担当コンシェルジュは競馬評論家の須田鷹雄さんと古谷剛彦さん。番組で紹介されたプランの中からG1へ昇格した「大阪杯」と、中山のメインレ―ス「船橋市市制施行80周年記念」の印と買い目を紹介します。

大阪杯は、競馬エイトの津田照之TM、競馬評論家の棟広良隆さん、血統評論家の栗山求さん、フリーのレーシングライター辻三蔵さんの印と見解も紹介します。

 

競馬コンシェルジュの予想

大阪杯 2017
須田鷹雄
◎ 14.マカヒキ
○  5.キタサンブラック
▲  7.サトノクラウン
☆  1.ミッキーロケット
△  4.12

古谷剛彦
◎  5.キタサンブラック
○ 12.アンビシャス
▲  7.サトノクラウン
13.ヤマカツエース
△  6.14

棟広良隆
◎  4.ステファノス
○  5.キタサンブラック
▲ 11.マルターズアポジー
△ 13.ヤマカツエース
× 14.マカヒキ
注  6.7

辻三蔵
◎  7.サトノクラウン
○ 13.ヤマカツエース
▲ 14.マカヒキ
☆  4.ステファノス
△  5.6.12

津田照之
◎  5.キタサンブラック
○  7.サトノクラウン
▲  1.ミッキーロケット
13.ヤマカツエース
△  4.12.14

栗山求
◎ 14.マカヒキ
○  7.サトノクラウン
▲  5.キタサンブラック
△  6.サクラアンプルール
△ 12.13




棟広良隆の見解「④ステファノスの一発を狙います。天皇賞・秋で2着と3着の実績。軽い芝の決め手勝負でも十分通用しますが、一線級相手ならば、上りは少々要してくれた方が理想です。香港でのクイーンエリザベスII世カップの2着、香港カップの3着は重い芝でのモノですし、この阪神でも休み明け初戦の6走前の鳴尾記念で首差だけ敗れこそしましたが、レコード決着のなかを2着としています。2000mがベストの距離であることは明らか。前走の金鯱賞は6着に終わりましたが、目標はここ。G1の速いペースが合っている馬で、なお且つ今回の前が速くなりそうな展開は願ってもありません。差し込みが計算できます」

辻三蔵の見解「本命の⑦サトノクラウンはドゥラメンテやモーリスが引退した堀厩舎を支える大黒柱。香港ヴァーズでの優勝が自信になり、最近はエースの風格が漂っています。中6週ですが、在厩調整を選択。ウッドコースと坂路を併用して調教本数を8本消化。先週のウッドコースでは6ハロンから追い切りスタミナ強化。直前追い切りは木曜日でしたが、木曜追いは前走の京都記念と同じ。実戦を想定した4ハロン追いで瞬発力を伸ばしています。馬体の張りも申し分なく完璧な状態に仕上げています。2015年以降、M.デムーロ騎手と堀厩舎のコンビがJRA重賞に出走した場合、7戦6勝2着1回と抜群の成績を残しています。頼れる相棒を背に国内G1制覇を狙います」

津田照之の見解「以前は胴長・脚長ですらりとした体型に映った⑤キタサンブラックですが、この中間しっかりと調教を積まれた効果か、付くべき箇所に筋肉が付き、しかも腹袋もどっしりしてきました。一言で言えば、以前より逞しさが増した印象。今回はG1レースとはいえ、ドバイ遠征組が不出走。その分ややメンバー構成は手薄。ここなら軸としての信頼度は高いです。相手筆頭は⑦サトノクラウン。こちらも調教で前進気勢が伺え、気配は上々。香港ヴァーズ、京都記念の内容を素直に信頼します」

栗山求の見解「大阪杯は3年連続でディープインパクト産駒が優勝しています。今年は⑭マカヒキが勝って4連覇を達成するでしょう。昨年の3歳牡馬は3冠すべてのレースレーティングが史上最高を記録するハイレベルな世代でした。さらに有馬記念、フェブラリーS、高松宮記念と現在この世代がG1を3連勝しています。このハイレベルな世代にあってマカヒキは日本ダービーを勝ちました。そしてフランスに遠征してニエル賞を制覇。能力は国際級です。14着と敗れた凱旋門賞はレース前に入れ込み、慣れない先行策と内しか伸びない馬場で終始外を回されたことが響きました。度外視できる敗戦でしょう。休み明けの前走・京都記念重い馬場に苦しんで3着。距離も若干長かったと思います。姉のウリウリがマイル路線から短距離路線にシフトして成功したように今のマカヒキは1800mから2000mがベスト。適距離となる今回は巻き返せるはずです」

 

買い目

須田鷹雄
3連単
 14 ⇔ 5.7 → 1.4.5.7.12(16点)
 14 → 1 → 5.7(2点)

古谷剛彦
馬連
 5-12.13.14 各5,000円
 5-7 10,000円
 5-6 1,000円
ワイド
 5-12 4,000円

津田照之
3連単 軸2頭マルチ(30点)
 5.7 → 1.4.12.13.14

 

船橋市市制施行80周年記念
須田鷹雄
◎  8.シゲルノコギリザメ
○  3.レーヴムーン
▲  7.アルティマブラッド
☆ 14.オーヴィレール
△  2.12.13

古谷剛彦
◎ 15.アレスバローズ
○  4.イオラニ
▲ 13.ダイワダッチェス
 3.レーヴムーン
△ 10.14



買い目

須田鷹雄
3連複(9点)・3連単1着固定(12点)
 8 → 3.7.14 → 2.3.7.12.13.14

古谷剛彦
馬単(5点)・馬連(5点)
 15 → 4.13.3.14.10
3連複(7点)
 15 → 4.13 → 4.13.3.14.10

スポンサーリンク