NHKマイルカップ、新潟大賞典 2017 競馬コンシェルジュ 予想と買い目

5月6日放送の担当コンシェルジュは競馬評論家の須田鷹雄さんと競馬エイトの津田照之TMです。番組で紹介されたプランの中から「NHKマイルカップ (G1)」のほか、新潟のメイン「新潟大賞典 (G3)」、京都のメイン「鞍馬ステークス」の印と買い目を紹介します。

NHKマイルカップ は、競馬評論家の古谷剛彦さん、棟広良隆さん、血統評論家の栗山求さん、フリーのレーシングライター辻三蔵さんの印と見解も紹介します。

 

競馬コンシェルジュの予想

NHKマイルカップ 2017
須田鷹雄
◎  3.アウトライアーズ
○  1.モンドキャンノ
▲ 12.ミスエルテ
☆ 18.ガンサリュート
△  4.5.6.16

古谷剛彦
◎ 11.オールザゴー
○ 16.アエロリット
▲  4.カラクレナイ
 1.モンドキャンノ
△  3.7.12

棟広良隆
◎  5.プラチナヴォイス
○ 12.ミスエルテ
▲  3.アウトライアーズ
△ 16.アエロリット
×  1.モンドキャンノ
注  4.8.9

辻三蔵
◎ 16.アエロリット
○  4.カラクレナイ
▲ 12.ミスエルテ
☆  1.モンドキャンノ
△  3.5.6

津田照之
◎  5.プラチナヴォイス
○  4.カラクレナイ
▲ 16.アエロリット
 3.アウトライアーズ
△  1.6.10.15

栗山求
◎  3.アウトライアーズ
○ 15.レッドアンシェル
▲ 16.アエロリット
△  1.4.6


古谷剛彦「スプリングSの敗戦でマイル路線に切り替えた⑪オールザゴー。1400mのマーガレットSでは普段より後ろでの位置でレースを進める形となりましたが、自身最高となる上がり3F 34秒3を繰り出して差し切りました。この勝利でG1出走を確定させ、短期放牧はさんでこのレースを目標に置き、しっかり乗り込んできました。悪くても好位を進む形が想定されるだけに大一番に強いステイゴールド産駒が混戦で一発の魅力を秘めます。桜花賞は後方から0秒2差の5着に追い込んできた⑯アエロリットは、本来は前でレースを進めるタイプ。輸送距離が短くなる点は明らかにプラスでクィーンカップの走破時計から東京のマイル戦で本領発揮といきたいところでしょう。④カラクレナイはマイル2度目で末脚に持続性が増す可能性は高く、勝機も十分ありうるでしょう」

棟広良隆「⑤プラチナヴォイスの一発が十分に期待できます。京都1800mで2連勝し、うち未勝利勝ちが良好な馬場レベルが下地にあったとはいえ、1分45秒9という非常に速い時計で勝利。今の時計の速い軽い芝の東京の馬場レベルに対応できる大きな強みがあります。3走前の道悪、2走前の重い芝での中山でも4着と3着と崩れていないのは地力の高さを示すもの。前走の皐月賞は大きく崩れてしまいましたが、軽い芝の東京にコースが変われば話は別です。マイルの距離に対応できるかどうかがポイントになりますが、未勝利戦の1800mでの1分45秒9とスッと好位をとるレースぶりからは特に気になりません。また右回りでは内にもたれる面があるだけにそれを矯正するための方側ブリンカーを外しての初めての左回りにも魅力があります」

辻三蔵「本命⑯アエロリットは芝1600mの持ち時計が出走馬中No.1。2走前のクィーンカップでは1分33秒3の好時計で2着。前の週に行われた東京新聞杯の勝ち時計を1秒6上回りました。良馬場の高速決着でレーヌミノルに先着した内容は評価できます。桜花賞後、ノーザンファーム天栄での短期放牧をはさむ調整方法は、昨年の優勝馬メジャーエンブレムと同じ好走調教パターン。帰厩後、ウッドコースで6Fから追い切り、スタミナ強化。直前は坂路で瞬発力を伸ばし、自己ベストのラスト1F 12秒1を記録。東京仕様に軽めの脚まわりに仕上げています。父・クロフネ、騎手・横山典弘の組み合わせは2015年のNHKマイルカップを勝ったクラリティスカイと同じ。大胆な先行策での変わり身に期待しています」

栗山求「マイル向きのハイレベルなスピードの持続力が問われるレースで過去5年間の1~3着馬15頭のうち、マイネルホウオウ、インパルスヒーロー、クラリティスカイ、ミュゼスルタン、レインボーラインの5頭がサンデーサイレンスとフレンチデピュティをあわせ持つという、際立った配合的傾向が見られます。今年の出走馬の中でこの条件に当てはまるのは③アウトライアーズ、⑪オールザゴー、⑯アエロリット、⑱ガンサリュートの4頭。なかでもアウトライアーズはスプリングS2着の実力馬で前走の皐月賞では、伸びない外に進路を取らざる得なかったので実力を出しきっていません。昨年暮れのひいらぎ賞の楽勝ぶりからもマイル戦に対する適性は高く、東京コースでは昨年秋の百日草特別でアドマイヤミヤビ、カデナと差のない勝負をしているので不安はありません。条件ベストのここはヘタな競馬にはならないでしょう」

買い目

須田鷹雄
3連複フォーメーション
 3-1.12.18-1.4.5.6.12.16.18
計15点

津田照之
馬連 7点
 5-4.16.3.10.15.6.1
3連単 軸2頭マルチ 108点
 5.4 → 16.3.10.15.6.1
 5.16 → 4.3.10.15.6.1
 5.3 → 4.16.10.15.6.1
計115点

古谷剛彦
馬連 6点
 11-16.4.1.3.7.12
3連複F 9点
 11-4.16-1.3.4.7.12.16
計15点

 

新潟大賞典 2017
須田鷹雄
◎  8.フルーキー
○  4.シャイニープリンス
▲ 13.レッドソロモン
☆ 14.ムスカテール
△  5.7.11.15

津田照之
◎  7.ジュンヴァルカン
○  2.サンデーウィザード
▲ 11.メートルダール
13.レッドソロモン
△  1.4.5.8


買い目

須田鷹雄
馬連
 8-4.5.7.11.13.14.15
計7点

津田照之
馬単
 7 ⇔ 2.11.13.8.4.1.5
計14点

 

鞍馬ステークス 2017
須田鷹雄
◎ 10.キングハート
○  5.セカンドテーブル
▲ 14.ティーハーフ
☆ 17.コスモドーム
△  3.11.13

津田照之
◎  3.ファインニードル
○  5.セカンドテーブル
▲  4.オーヴィレール
13.オールインワン
△ 10.14.17.18


買い目

須田鷹雄
3連単 軸2頭マルチ
 5.10 → 3.11.13.14.17
計30点

津田照之
馬連
 3-5.4.13.10.17.14.18
計7点

スポンサーリンク