優駿牝馬 オークス 2017 競馬コンシェルジュ 予想と買い目

5月20日放送の担当コンシェルジュは競馬評論家の棟広良隆さんと血統評論家の栗山求さんです。番組で紹介されたプランの中から3歳牝馬の頂上決戦「オークス(G1)」のほか、京都のメイン「下鴨ステークス」、新潟のメイン「韋駄天ステークス」の印と買い目を紹介します。

オークスは、競馬評論家の須田鷹雄さん、古谷剛彦さん、レーシングライター辻三蔵さん、競馬エイトの津田照之TMの印と見解も紹介します。

 

競馬コンシェルジュの予想

オークス2017
須田鷹雄
◎ 14.リスグラシュー
○  2.ソウルスターリング
▲ 16.アドマイヤミヤビ
☆  3.フローレスマジック
△  6.8.13

古谷剛彦
◎  8.ホウオウパフューム
○  2.ソウルスターリング
▲ 14.リスグラシュー
16.アドマイヤミヤビ
△  1.3.6.15

棟広良隆
◎ 16.アドマイヤミヤビ
○  2.ソウルスターリング
▲  1.モズカッチャン
△ 14.リスグラシュー
×  4.ミスパンテール
注  6.7

辻三蔵
◎  3.フローレスマジック
○ 14.リスグラシュー
▲ 16.アドマイヤミヤビ
☆  2.ソウルスターリング
△  1.8.15

津田照之
◎ 13.レーヌミノル
○ 14.リスグラシュー
▲  1.モズカッチャン
16.アドマイヤミヤビ
△  2.5.6.18

栗山求
◎  2.ソウルスターリング
○ 14.リスグラシュー
▲ 11.レッドコルディス
△  6.8.16


須田鷹雄「オークスはとにかく桜花賞上位馬から組み立てたい。桜花賞2着の⑭リスグラシューは距離に対する安心感があります。輸送で馬体が減らなけらばチャンスです」

古谷剛彦「フローラSで1番人気に支持された⑧ホウオウパフューム。3ヶ月半ぶりで多少お釣りの残した仕上げだったとはいえ、それまで見せていた末脚が不発に終わってしまい初の着外に敗れました。力不足とレース後に奥村武 調教師は反省をしていましたが、揉まれ込むレースは経験不足だったこともあり、狭い場所を割ってくる勝負根性が見られなかった点もあったと思います。今回は乾坤一擲。腹を括ったレースをすることが想定され、未勝馬なら出走は確実とわかるやオークスには完璧な仕上げで挑みます。スタミナには自信を持ち、まさにオークス向きのハーツクライ産駒が樫の女王を目指します。2歳牝馬女王の②ソウルスターリングは距離延長も問題なく、相手筆頭に。その他はハーツクライ産駒に重きを置いた流し馬券で勝負します」

辻三蔵「過去5年のオークスではディープインパクト産駒が3勝、2着3回と好成績。本命の③フローレスマジックは大一番に強いディープ産駒。全姉は2014年のエリザベス女王杯を勝ったラキシス。晩成傾向を考慮し成長の促進に重点を置きますが、今回は本気モード。中3週ですが、ノーザンファーム天栄に2週間の調整放牧。牧場で基礎体力をつくり、美浦では実戦を想定したマラソントレーニングを行いました。今週のウッドコースでは自身初めての6F追い。戸崎圭太騎手を背に3頭併せを行い、スタミナ強化に努めています。6F81秒1は破格の好タイム。今までで一番強い負荷をかけており、ピークの状態に仕上げています。鞍上の戸崎騎手は過去5年のオークスで2着3回と相性良し。樫の舞台で未完の大器が花開きます」

津田照之「先に行われた桜花賞は雨の影響を受け、かなり力のいるコンディション。発表は稍重でも実質はそれ以上にタフさが要求される馬場でした。そんな中、好位追走から早めに抜け出し後続の追撃を凌ぎ切った⑬レーヌミノルのレースぶりは強いの一語。以前は快速馬のイメージが強かったですが阪神マイルの消耗戦を制した点を考えれば持久力も兼ね備えています。この中間も調教の密度は濃く、スタミナ面の強化にも成功しました。2400mでも勝ち負けになると判断します。相手はスタミナ豊富な⑭リスグラシュー。バテそうになりながらも、もうひと伸びした桜花賞をみているとオークスの舞台の方がより合いそう」

買い目

棟広良隆
3連単フォーメーション
 16 → 2.1 ⇔ 2.1.14.4.6.7.8.11.10
計30点

栗山求
馬単 5点、3連単 軸1頭マルチ 60点
 2 → 6.8.11.14.16
計65点

津田照之
3連単 軸2頭マルチ
 13.14 → 1.16.2.5.6.18
計36点

 

下鴨ステークス 2017
棟広良隆
◎ 11.プリメラアスール
○  4.ヴォージュ
▲  8.ナムラシングン
△  1.レトロロック
×  3.スズカルパン
注  9.タツゴウゲキ

栗山求
◎  8.ナムラシングン
○  1.レトロロック
▲  4.ヴォージュ
△ 6.9.11


買い目

栗山求
馬単 5点、3連単軸1頭マルチ 60点
 8 → 1.4.6.9.11
計65点

棟広良隆
3連単フォーメーション
 11.4 → 11.4 ⇔ 8.1.3.9.6.5
計24点

 

韋駄天ステークス 2017
棟広良隆
◎ 14.シンボリディスコ
○ 16.ラインミーティア
▲  4.イオラニ
△ 12.ダンシングワンダー
×  9.レッドラウダ
注  3.11

栗山求
◎ 11.プレイズエターナル
○  8.フィドゥーシア
▲ 10.オデュッセウス
△  4.12.16


買い目

栗山求
馬単 5点、3連単軸1頭マルチ 60点
 11 → 4.8.10.12.16
計65点

棟広良隆
馬連 9点、馬単 9点、3連複 36点
 14-16.4.12.9.3.11.8.10.7
計54点

スポンサーリンク