トラックマンTV 紫苑ステークス 2017、勝負レースの予想と買い目

今週の出演トラックマンは、東が日刊競馬の柏木集保さん、西が競馬ニホンの信根隆二さん。東西トラックマンの自信の勝負レースの印と買い目を紹介します。

先週の勝負レースの結果は。新潟9R「燕特別」で勝負した優馬の佐藤直文さん、小倉7R(3歳未勝利)で勝負した競馬ブックの石井健太郎さんともに的中しませんでした。石井TMは厩舎情報を信頼して投資金額6万円の勝負に出ましたが2番人気の本命馬コンゴウトシオーが見せ場なく15着に大敗。今年のトータル収支が – 9万3,500円となり、西の最下位に転落してしまいました。

スポンサーリンク
柏木集保 信根隆二
成績 2017年勝負レース2戦0勝
-20,000円 回収率0%
2017年勝負レース3戦1勝1分
-9,850円 回収率73%

トラックマンTV 予想

中山11R 紫苑ステークス2017
柏木集保(自信の勝負レース)
◎  8.ホウオウパフューム
○ 16.ディアドラ
▲ 15.ルヴォワール
△  3.ライジングリーズン
△ 11.カリビアンゴールド
△  9.プリンセスルーラー
△ 14.ナムラムラサキ

信根隆二
◎ 16.ディアドラ
○ 15.ルヴォワール
▲  3.ライジングリーズン
△  8.ホウオウパフューム
△ 11.カリビアンゴールド
△ 18.サロニカ
△ 12.マナローラ
△  7.ポールヴァンドル



柏木集保「本命⑧ホウオウパフューム。デビュー3戦目の寒竹賞は最後方で脚をためて、直線で前を一気に飲み込み楽勝。その後のフローラS、オークスの敗因は体調の問題。このレースを見て桜花賞タイプではなく、オークス1本で行くと決め、間を取った。あの時期の3歳牝馬に日程を決めると上手く仕上がらない。今回は勝った寒竹賞と同じ舞台で仕上がりはいい、力を出せる状態にあると思う。対抗はオークス4着馬の⑯ディアドラ。オークスは上がり最速タイの33秒9。今回のメンバーではランク1つ上位の評価でいい」

信根隆二「本命⑯ディアドラ。オークス以来3か月振りのHTB杯は12キロ減。1番人気のラヴィエベールをマークして、直線外から力でねじ伏せる競馬で勝利。牡馬混合の1000万を勝ったというのは評価できる」

買い目

柏木集保
3連単F
 8 → 16.15 → 16.15.3.11.9.14
10点 各1,000円

総額:10,000円

 

信根隆二 自信の勝負レース
阪神12R 3歳以上500万下
◎ 11.エアウィンザー
○ 10.ユウチェンジ
▲  1.ナルハヤ
△  5.ピスカデーラ
△  4.アポロテキサス
△  9.マイネルアトゥー

「本命はエアスピネルの全弟⑪エアウィンザー。休み明けの前走・北辰特別(3着)は、前半の位置取りの差で届かなかったが、最速タイの上がりをマークしているので悲観する内容ではなかった。2走前の共同通信杯は、後のダービー2着馬スワーヴリチャードにコンマ6秒差でメンバー2位の上がりをマーク。この時はびっしり追い切って輸送もあったが+2キロの馬体増。詰めが甘いところはあるが、太めもあった中でこの内容は評価できる。今回、終い重点に気持ちが途切れないように最後まで集中して走らせる調整に変えてきた。デムーロ騎手に乗り替わる今回、勝ち切ってくれると思う。対抗⑩ユウチェンジは、気性が幼いところはあるが、前走(3着)は終い、いい脚で伸びてきた。今回久しぶりになるが、坂路で51秒3と時計は出ている。仕上がりはいい。①ナルハヤは前走(2着)展開が向いたとはいえ、2番手から上手な競馬で粘り込んだ。スタート五分なら前で運んでしぶとさが生きる。今回行く馬が数頭しかいないので展開も味方すると思って▲を打った」
  

買い目

馬単
 11 → 10.4
2点 各2,000円
 11 → 1.5
2点 各1,000円

3連単
 11 → 10.1.5.4 → 10.1.5.4.9
16点 各500円

総額:14,000円

スポンサーリンク