アンカツ(安藤勝己)ヴィクトリアマイル 2018 予想

アンカツ予想 ヴィクトリアマイル2018

ヴィクトリアマイルの印
◎ 16.リスグラシュー 2着
◯ 10.アエロリット
▲ 11.アドマイヤリード
☆  6.レッドアヴァンセ 3着
△  2.ミスパンテール
△  1.レッツゴードンキ
△ 17.デンコウアンジュ

リスグラシュー
「古馬になってからは、心身ともにたくましくなってきた。明け4歳初戦の東京新聞杯を完勝したように、マイル路線にシフトしたのも正解だった。3着に負けた阪神牝馬Sでは超スローの流れでも、しっかり脚を伸ばしていたし、本番前の試走としては上出来。俺はまったく気にならない。念願の初G1タイトルに向け視界良好。あとは武豊騎手が何とかしてくれると思う」

アエロリット
「明らかに距離が長かった秋華賞(7着)以外は崩れていない馬だけど、実績通り、距離はマイルがベスト。ただ、この馬はパンパンの良馬場より、気持ち力を要する馬場の方が向いてる気がするのと、何よりすんなり先行できるかがカギ。そういう意味ではカワキタエンカとの兼ね合いが、展開的には大きなポイントになる」

アドマイヤリード
「当日に前走の馬体(434kg)を維持できていれば、今年のメンバーでも差はない」

レッドアヴァンセ
「先週しかり東京マイルとは相性のいい血統。そろそろ北村友一騎手もG1タイトルがあっていい」

ミスパンテール
「重賞3連勝は相手や展開に恵まれた気がしてならない。目下の勢いは認めるが、まだ全幅の信頼はおけない。今回は人気も背負うので押さえに回す」

レッツゴードンキ
「岩田騎手の最内枠なら無条件で警戒」

デンコウアンジュ
「昨年と同じ臨戦過程が怖い」

ソウルスターリング
「もしかしたら早熟なのかもしれない」

スポンサーリンク