アンカツ(安藤勝己)安田記念 2018 予想

アンカツ予想 安田記念2018

安田記念の印
◎  1.スワーヴリチャード 3着
◯ 14.リスグラシュー
▲  5.ペルシアンナイト
☆  4.アエロリット 2着
△  9.レッドファルクス
△ 11.リアルスティール
△ 15.サングレーザー

「今回の構図はズバリ、“4歳世代の牡馬と牝馬の争い”その中でもサングレーザー、スワーヴリチャード、ペルシアンナイト VS アエロリット、リスグラシューってところ」

スワーヴリチャード
「距離適性から宝塚記念に向かうと思っていたから、正直ココに出てくるのは意外だった。ただ何度も言ってるように東京芝1600mは純粋なマイラーより底力を有した中距離実績馬の方が勝負になるし、より左回りの方が得意なのも事実で、この選択もありかなって気はしている。とはいえ、未経験のマイルかつ高速馬場でエンジンのかかりが遅くなって、結果チョイ届かずの2・3着ってケースはあり得る。しかし絶対能力の比較でいえば、やはりこの馬が中心って答えしか出てこない」

リスグラシュー
「ヴィクトリアMで2着も一番強い競馬をしていたのは明らか。今の東京は基本的に前が有利だけど、ここ数週は積極的な騎乗が功を奏している競馬が多い。武豊騎手がどう乗ってくるんか大いに注目」

ペルシアンナイト
「昨秋のマイルCSの覇者で皐月賞、大阪杯ともに2着と実績は十分。距離適性では本命馬よりハッキリと上で、馬場不問のタイプとなれば付け入る隙は十分にある」

アエロリット
「この枠の並びで、先行力を生かし切れば、見せ場以上が期待できる」

「昨年3着のレッドファルクスは追い込みの利く流れになれば。地力あるリアルスティールは状態さえまともなら。あと枠は外でも福永騎手のさばき次第でサングレーザーってとこまで」

スポンサーリンク