2018年7月 東スポ 虎石 競馬予想

テレビ東京の競馬中継『ウイニング競馬』に解説者として出演している東京スポーツの競馬記者・虎石晃さんの重賞予想印!

7/15のレース終了時点
重賞レース
本命対抗単穴
7月 0-3-0-2 1-0-0-4 0-1-0-4
6月 0-1-1-5 2-1-1-3 2-0-0-5
5月 2-1-1-6 0-2-1-7 0-1-2-7
4月 2-1-1-8 1-4-1-6 2-0-2-8
3月 3-2-1-9 4-2-1-8 2-3-2-8
2月 0-3-2-6 1-4-0-6 1-0-0-10
1月 2-0-0-8 2-3-0-5 4-3-0-3
9-11-6-44 /70 11-16-4-39 /70 11-8-6-45 /70
勝 12.8%
連 28.5%
複 37.1%
勝 15.7%
連 38.5%
複 44.2%
勝 15.7%
連 27.1%
複 35.7%

成績:1着-2着-3着-着外 | 勝率・連対率・複勝率

 

東スポ競馬 虎石晃 予想印
7/15 函館記念
◎  1.ブラックバゴ 10着
○  7.トリコロールブルー
▲  3.サクラアンプルール 2着
△  5.スズカデヴィアス
△  6.エアアンセム 1着
△ 10.ブレスジャーニー
△ 13.ナイツオブナイツ
スポンサーリンク

7/8 プロキオンステークス
◎  6.インカンテーション 2着
○  7.キングズガード
▲  5.ルグランフリソン
△  1.サクセスエナジー
△  3.ウインムート 3着
△  8.ドライヴナイト
△ 10.ダノングッド
7/8 七夕賞

「本命⑤マイネルサージュ。差す形を貫けば重賞を取れる器。水出助手は『渋り気味の馬場も歓迎で、このメンバーならチャンス十分でしょう』と強気一辺倒だった」

◎  5.マイネルサージュ 2着
○  6.サーブルオール
▲ 10.レイホーロマンス
☆ 12.シルクドリーマー
△  2.キンショーユキヒメ
△  3.マイネルフロスト
△  7.ワンブレスアウェイ
馬単
5 ⇔ 6.10.12 (6点)
6 ⇔ 10 (2点)
5 → 2.3.7 (3点)
7/1 ラジオNIKKEI賞

「本命は3歳世代ディープ産駒の真打ち⑥フィエールマン。デビュー戦は、仕上がり途上でも難なく勝利をモノにし、続く山藤賞は大楽勝。それも今回と似たような小回り千八でのマクリだったのだから心強い。少々スタートで立ち遅れたとしても、13頭立てなら脚を余す危険性は極めて少ない」

◎  6.フィエールマン 2着
○ 11.シセイヒテン
▲ 10.イェッツト
△  2.メイショウテッコン 1着
△  3.キューグレーダー
△  5.ケイティクレバー
△  8.エイムアンドエンド
馬単
6 ⇔ 11.10 (4点)
11 ⇔ 10 (2点)
6 → 2.3.5.8 (4点)
7/1 CBC賞
◎ 16.ペイシャフェリシタ 15着
○  8.アレスバローズ 1着
▲ 12.ダイメイフジ
△  6.アクティブミノル
△  9.セカンドテーブル 3着
△ 10.ナガラフラワー 2着
△ 18.アサクサゲンキ

スポンサーリンク