競馬コンシェルジュ シンザン記念 2018 予想と買い目

今回の担当コンシェルジュは競馬評論家の棟広良隆さんとフリーの競馬記者・辻三蔵さん。番組で披露された予想の中から京都11R「シンザン記念(G3)」と中山11R「カーバンクルステークス」の印と買い目を紹介します。

クラシックを目指す3歳馬たちによる重賞「シンザン記念(G3)」。昨年は8番人気キョウヘイが制しています。

スポンサーリンク

競馬コンシェルジュの予想

シンザン記念2018
棟広良隆
◎ 10.ヒシコスマー 10着
◯  2.ファストアプローチ 4着
▲  9.カフジバンガード 5着
△  7.ツヅミモン 2着
×  3.アーモンドアイ 1着
× 11.カシアス 3着
注  6.ブランモンストル

辻三蔵
◎ 11.カシアス 3着
◯  9.カフジバンガード 5着
▲  7.ツヅミモン 2着
☆  1.スターリーステージ
△  2.ファストアプローチ
△  3.アーモンドアイ 1着
△  8.プリュス


辻三蔵「2008年以降、シンザン記念の調教別成績を調べると、栗東坂路調教馬が最多の8勝。昨年人気のなかった勝ち馬キョウヘイも栗東坂路調教馬だった。とにかく栗東坂路調教馬を買っておけば当たる。特にポイントなのは、前半は折り合いに専念して、ラスト1Fを12秒前半にまとめること。上がり時計の速さが重要なので全体時計が遅くても問題ない。栗東坂路調教馬の⑨カフジバンガードと⑪カシアス。時計面では⑨カフジバンガードだが、ここは外回り仕様に仕上げた⑪カシアスを本命に推す。鞍上の浜中騎手はシンザン記念4勝、1月の京都開催の重賞を8勝している正月男。雨が降って馬場が悪くなったら⑨カフジバンガード。3番手に追い切りで凄まじい動きを見せていた⑦ツヅミモン」

棟広良隆「雨が降って時計がかかる馬場になれば、本命は⑩ヒシコスマー。15着と大敗した前走の朝日杯FSは、枠が影響してか、外に持ち出すシーンなく終わってしまった。今回は外々を回って快勝した万両賞と同じ少頭数で外枠、それに道悪が加わった場合、一変があってもおかしくない。万両賞はデイリー杯で2.5秒負けてるところからの一変だった。今回、末脚切れるメンバーがいないので、雨が降らなかったり、雨が降ったとしても時計面とかに影響がでなかった場合は⑪カシアスの評価を上げる」

買い目

棟広良隆

3連単 軸2頭マルチ
 10.2 → 9.7.3.11.6.8
合計:36点

辻三蔵

単勝
 11 20,000円
馬連
 9-11 5,000円
 7-11 5,000円
 1-11 5,000円
 2-11 5,000円
 3-11 3,000円
 8-11 3,000円
ワイド
 9-11 5,000円
 7-11 5,000円 (的中!16.5倍)
3連複
 7-9-11 1,000円

総額:57,000円

⇒ 辻三蔵の勝負馬券通算成績

 

カーバンクルステークス2018
棟広良隆
◎  6.ナックビーナス 1着
◯  1.タマモブリリアン 5着
▲  7.コスモドーム 7着
△  8.ロードクエスト 3着
×  5.アドマイヤゴッド

辻三蔵
◎  2.ペイシャフェリシタ 2着
◯  6.ナックビーナス 1着
▲  7.コスモドーム 7着
△  1.タマモブリリアン
△  5.アドマイヤゴッド


買い目

棟広良隆

3連単F
 1.7.8 → 6 → 1.7.8.5.2.9
合計:15点

辻三蔵

馬連4点 (的中!480円)
 .7.1.5
3連複 軸1頭6点
 2-6.7.1.5
合計:10点

スポンサーリンク