競馬コンシェルジュ 優駿牝馬 オークス 2018 予想と買い目

今週の担当コンシェルジュは競馬評論家の須田鷹雄さんと競馬エイトの津田照之さん。番組で披露された予想の中から、3歳牝馬クラシック第2戦「優駿牝馬(G1)」の予想印と買い目を紹介します。

2強対決と言われた今年の桜花賞(G1)。勝ったのは2番人気のアーモンドアイでした。オークス(G1)でのラッキーライラックの巻き返しはあるのでしょうか?


競馬コンシェルジュの予想

オークス2018
須田鷹雄
◎  2.ラッキーライラック 2着
◯  8.サトノワルキューレ
▲  6.オールフォーラヴ
☆ 13.アーモンドアイ 1着
△  .3.5

古谷剛彦
◎  2.ラッキーライラック 3着
◯ 13.アーモンドアイ 1着
▲  8.サトノワルキューレ
 6.オールフォーラヴ
△  5.14

棟広良隆
◎  8.サトノワルキューレ 6着
◯  2.ラッキーライラック 3着
▲ 13.アーモンドアイ 1着
△ 15.ウスベニノキミ
×  5.17
注  6.11

辻三蔵
◎  5.カンタービレ 13着
◯  2.ラッキーライラック 3着
▲ 13.アーモンドアイ 1着
☆  8.サトノワルキューレ
△  .3.6

津田照之
◎ 13.アーモンドアイ 1着
◯  2.ラッキーライラック 3着
▲  1.リリーノーブル 2着
 8.サトノワルキューレ
△  3.14.5

栗山求
◎  8.サトノワルキューレ 6着
◯ 13.アーモンドアイ 1着
▲  1.リリーノーブル 2着
△  .5.17

古谷「桜花賞では直線一気のアーモンドアイの勢いに抵抗しきれなかった②ラッキーライラックだが、早めに抜け出す正攻法の競馬で2着なら、負けて強しの内容とみていい。ラッキーライラックは今年の阪神マイル2戦を共に1分33秒4で駆けており、確実な成長を遂げている。血統背景を考えれば、明らかにラッキーライラックに利があると感じるし、2番枠は前に壁をつくる上で絶好の枠順といっていい。⑬アーモンドアイは時計勝負に付け入る隙があるかと思った桜花賞で、あっさりと大外強襲を決めた素質の高さに、底知れぬ強さがある。抜け出して遊んで走っている一面もあり、ロードカナロア産駒とはいえ、距離延長も十分克服できると思う。一騎打ちを期待した馬券を買う」

棟広「⑧サトノワルキューレに頭の妙味を感じる。全馬がこの2400mの距離を走るのが初めてとなる年も珍しくなく、このオークスで2度も経験している強みは、果てしなく大きなもの。しかも2走前のゆきやなぎ賞で下したエタリオウは青葉賞(G2)で2着と好走。内容も濃いものとなった。前走のフローラSは、距離不足に加えて、スタートでの出遅れもあって、4コーナー最後方。しかしそこから、上がり33秒4という素晴らしい決め手を繰り出して全馬を差し切ってしまった。インパクト大の好パフォーマンス。2400mに距離が戻るのはもちろんプラス材料。ゲートは決めてほしいところだが、ここでも頭の妙味がある。3頭のレベルは相当高いが、前述通り2400mの距離で戦うだけに、穴馬の台頭があっても不思議ない。印を打った人気薄のなかでも特に気になっているのは、フローラSで最初のコーナーと直線で2度、大きな不利を受けながら、コンマ4秒差まで追い込んだ⑮ウスベニノキミ」

「2008年以降、オークスの調教コース別成績では、栗東坂路調教馬が最多の4勝。実戦を意識して折り合いに重点を置き、ラスト1Fを12秒前半にまとめる。好走調教に該当したのは⑤カンタービレ。前走のフラワーC(G3)を1分49秒2の好時計で快勝。中山で行われたフラワーCを1分49秒2以内で勝った馬は4頭いるが、3頭がG1勝利。そのうちスマイルトゥモロー、シーザリオがオークス(G1)を勝っている。父ディープインパクト、母父ガリレオの血統配合は、英2000ギニー馬・サクソンウォリアーと同じ。日本では同配合のヴァンキッシュランが青葉賞(G2)を勝利。持ち味の先行力を活かして粘り込みを狙う」

栗山「桜花賞の公式レーティングで115ポンドという、レース史上最高の数値を獲得した⑬アーモンドアイ。母フサイチパンドラがエリザベス女王杯(G1)の勝ち馬で、オークスで2着と健闘した馬だけに距離が延びても不安の少ないタイプではある。しかし父ロードカナロアがスピードタイプなので、ベストの舞台かといえば、そうではない。血統的に逆転の目を探るとすれば、⑧サトノワルキューレが浮かんでくる。母の父ロワノルマンは、現役時代にアメリカで芝12ハロンのサンセットH(G1)を勝ったスタミナタイプ。引退後、南米ブラジルへ輸出され、5年連続リーディングサイアーとなるなど、大成功を収めた。母ヒアトゥウィンは、ブラジルで誕生し、南アフリカで走って芝1600mと1800mのG1を勝った。重厚なヨーロッパ血統を豊富に抱えたスタミナ型の血統構成で、ディープインパクトと交配して誕生した娘のサトノワルキューレは、東京2400m向きの堂々たるクラシック配合。前々走のゆきやなぎ賞では、後に青葉賞で2着となるエタリオウを破って優勝した。3歳の1月から4月までの間に芝2400mの特別戦を牡馬相手に勝った牝馬は、2000年以降、この馬しかいない。成長力豊かな血統でもあり、ここにきて急上昇。今の勢いをもってすれば、一発があっても不思議はない」

買い目

須田鷹雄

3連単F
 2 → 6.8.13 → 1.3.5.6.8.13 (15点)
 6.8 → 2 → 1.3.5.6.8.13 (10点)

津田照之

3連単
 13 → 2.1.8 → 3.14.5.6 (12点)

小木茂光 ※先週のヴィクトリアマイルで三連単的中

3連単F
 3.6.8 → 1.2.3.5.6.8.11.13.14 → 3.6.8 (42点)

守永真彩

3連複1頭軸 (的中!7.5倍)
 13..8 (3点)