競馬コンシェルジュ 宝塚記念 2018 予想と買い目

今週の担当コンシェルジュは競馬評論家の棟広良隆さんと血統評論家の栗山求さん。番組で披露された予想の中から、「宝塚記念(G1)」の予想印と買い目を紹介します。

春のグランプリレース「宝塚記念(G1)」。昨年は3番人気のサトノクラウンが勝利し、関東馬が2連覇をしました。

スポンサーリンク

競馬コンシェルジュの予想

宝塚記念2018
須田鷹雄
◎  5.ストロングタイタン 11着
◯  9.サトノクラウン
▲ 10.ヴィブロス
☆ 13.ワーザー 2着
△  3.8.16

古谷剛彦
◎ 15.ゼーヴィント 14着
◯ 16.キセキ
▲ 13.ワーザー 2着
 4.ミッキーロケット 1着
△  .3.9.10

棟広良隆
◎  1.ステファノス 7着
◯  5.ストロングタイタン
▲  9.サトノクラウン
△ 16.キセキ
× 13.ワーザー 2着
注  3.15

辻三蔵
◎ 13.ワーザー 2着
◯  4.ミッキーロケット 1着
▲  5.ストロングタイタン
☆  2.ノーブルマーズ 3着
△  7.8.9

津田照之
◎ 16.キセキ 8着
◯  9.サトノクラウン
▲  7.パフォーマプロミス
 5.ストロングタイタン
△  3..10.13

栗山求
◎  8.ダンビュライト 5着
◯ 15.ゼーヴィント
▲ 13.ワーザー 2着
△  3.10.14

須田「今年はG1常連組の層が薄い。元々、宝塚記念は旧・金鯱賞や、今の鳴尾記念から来た馬がいい馬券になる傾向があり、今年のメンバー構成ならば、⑤ストロングタイタンでも馬券圏内は可能と考える」

古谷「⑮ゼーヴィントは、ディープインパクト産駒ながら、自身が繰り出した上がり3ハロンで34秒台が最高で、瞬発力勝負には分が悪い印象を受ける。前走の目黒記念は直線で何度も窮屈になりながら、0秒3と僅差の競馬に持ち込んだ。まともにレースが出来れば、自身初の33台に突入できたレースだと思う。上がり時計の更新が示す通り、使いながらの良化が見られ、今回もゴールを過ぎた後にしっかり追われ、反応も良かったことから、叩き3走目ですばらしい状態に持ってきたと思う。小回りが得意、時計が掛かる舞台も得意と、プラス材料が揃った今回、大一番に強い池添騎手を配して、勝機十分とみる。道悪なら⑯キセキと⑬ワーザーも見直したいところ。④ミッキーロケットも坂路での動きが前走から一変しており、魅力を秘める」

「⑬ワーザーは、2015/16年シーズンに香港年度代表馬を受賞した実力馬。一昨年のクイーンエリザベス2世Cでは、ラブリーデイ、サトノクラウンを破り、国際G1を優勝。昨年暮れの香港カップでは、ネオリアリズム、ステファノスを退けて2着に好走。日本競馬のトップクラス相手でも互角以上に戦える。前走は鼻出血明けで3ヵ月ぶりの出走。試走に徹しており、叩き2戦目でメイチの状態に仕上げている。阪神芝コースの直前追い切りでは、6F80秒4の好時計をマーク。中二週で使い、芝コースの木曜追いで6Fから速い時計を出す。これは昨年の香港カップ2着の時と同じ臨戦過程。鞍上のボウマン騎手とは、11戦5勝 2着3回 3着3回と複勝率100%。昨年のジャパンカップを制した名手を背に日本制覇を狙う」

津田「現状、折り合い面に課題が残る⑯キセキにとって、距離短縮、そして⑪サイモンラムセムの参戦で、前がある程度速くなる展開は理想的。加えて不良馬場の菊花賞を制するなど、馬場が渋っても対応できる点も心強い。この中間は折り合い面重視の調整で、すがるい動きを披露している。休み明けでも動ける体制にある。現4歳世代では、屈指の実力馬。古豪相手のここでも、底力は上位だとみる。一気の差し切りに期待」

買い目

栗山求

馬単
 8 → 3.10.13.14.15 (5点)

3連単軸1頭マルチ
 8 → 3.10.13.14.15 (60点)

棟広良隆

馬連
 1-5.9.16.13.3.15.4.7.8.10 (10点)

馬単
 1 → 5.9.16.13.3.15.4.7.8.10 (10点)

3連複軸1頭
 1-5.9.16.13.3.15.4.7.8.10 (45点)

小木茂光 (番組MC)
④ミッキーロケット、②ノーブルマーズ、③サトノダイヤモンド

3連単 (的中!492,560円)
 2.3. → 2.3.4.5.7.8.9.10.13.16 → .3.4 (48点)

守永真彩 (番組MC)
⑩ヴィブロス

3連複軸1頭
 10-3.4.7.9.13.16 (15点)

スポンサーリンク