競馬コンシェルジュ 函館記念 2018 予想と買い目

今週の担当コンシェルジュは競馬評論家の須田鷹雄さんとフリーの競馬記者・辻三蔵さん。番組で披露された予想の中から、「函館記念(G3)」の予想印と買い目を紹介します。

函館記念は昨年、5番人気6歳55kgのルミナスウォリアーが制しています。

スポンサーリンク

競馬コンシェルジュの予想

函館記念2018
須田鷹雄
◎  5.スズカデヴィアス 5着
◯  7.トリコロールブルー
▲  6.エアアンセム 1着
☆ 11.マイネルハニー
△  1.ブラックバゴ
△  3.サクラアンプルール 2着
△ 10.ブレスジャーニー

辻三蔵
◎ 11.マイネルハニー 14着
◯  7.トリコロールブルー
▲  1.ブラックバゴ
☆  6.エアアンセム 1着
△  4.クラウンディバイダ
△ 10.ブレスジャーニー
△ 12.ナスノセイカン

古谷剛彦
◎ 11.マイネルハニー 14着
◯  7.トリコロールブルー
▲  1.ブラックバゴ
13.ナイトオブナイツ
△  3.サクラアンプルール 2着
△  5.スズカデヴィアス
△  6.エアアンセム 1着

津田照之
◎ 10.ブレスジャーニー 4着
◯  5.スズカデヴィアス
▲  7.トリコロールブルー
 9.カレンラストショー
△  2.カデナ
△  6.エアアンセム 1着
△ 12.ナスノセイカン
△ 13.ナイトオブナイツ

古谷「トップハンデが札幌記念勝ちのある③サクラアンプルールの57.5㎏。最軽量は54㎏と力量拮抗のメンバーとなった。今週からBコースとなったことで、基本的に前でレースを進めるタイプが優位と見る。本命の⑪マイネルハニーは、巴賞で道悪と58㎏が堪えて8着に敗れてしまったが、0秒4差に踏みとどまった点は評価できる。1ハロンの距離延長で、よりマイペースで運べる可能性は高く、馬場がよくなる点も味方になりそう。巴賞より1㎏軽くなる点から前残りを狙う」

津田「本命⑩ブレスジャーニー。前走の巴賞は3、4コーナーで加速するような形で上がっていったが、直線を向いてからすぐに内にささり、態勢を整えている間に他馬に抜かれていくという形の競馬に。それでも結果は0秒1差の5着なので、ほとんど差はなかった。前回使った上積みは大きくて、追い切りの反応は抜群。前回は見ていても急仕上げというのが伝わってきたが、今回は仕掛けてからの反応が本当に早くて、明らかに巴賞よりも函館記念へ向けて仕上げてきたなという形の調教の動きだった」

買い目

須田鷹雄

馬単
 5.7 → 1.3.5.6.7.10.11 (12点)

辻三蔵

単勝
 11 10,000円

馬連
 7-11 6,000円
 10-11 3,000円
 1-11 3,000円
 5-11 3,000円
 11-13 2,000円
 4-11 2,000円
 6-11 3,000円
 3-11 2,000円
 11-12 1,000円
 2-11 200円
 8-11 200円
 9-11 300円
 11-14 200円
 11-15 100円

3連複 軸1頭
 11-1.4.6.7.10.12
15点 各500円

3連複
 7-10-11 2,000円
 1-7-11 3,000円
 4-7-11 1,000円
 6-7-11 2,000円
 1-10-11 1,000円
 1-4-11 1,000円
 1-6-11 1,000円
 6-10-11 500円

総額:55,000円

⇒ 辻三蔵の勝負馬券通算成績

小木茂光 (番組MC)
⑤スズカデヴィアス ⑪マイネルハニー ⑥エアアンセム

3連単
 5.6.11 → 1.3.4.5.6.7.9.10.11.13 → 5.6.11 (48点)

守永真彩 (番組MC)
⑦トリコロールブルー

3連複 軸1頭
 7-1.3.5.10.13 (10点)

スポンサーリンク