競馬コンシェルジュ 朝日杯FS 2018 予想と買い目

今週の担当コンシェルジュは、競馬評論家の古谷剛彦さんと競馬エイトの津田照之さん。番組で披露された予想の中から「朝日杯フューチュリティステークス(G1)」の買い目を紹介します。

阪神競馬場で行われる2歳王者決定戦「朝日杯フューチュリティS(G1)」。昨年は、1番人気のダノンプレミアムが好位から抜け出し、無傷の3連勝でGI初制覇を果たしました。



競馬コンシェルジュの予想

朝日杯フューチュリティステークス 2018
須田鷹雄
◎  2.グランアレグリア 3着
◯  6.アドマイヤマーズ 1着
▲ 11.ケイデンスコール
☆ 14.ファンタジスト
△  4.8

古谷剛彦
◎  2.グランアレグリア 3着
◯  6.アドマイヤマーズ 1着
▲ 11.ケイデンスコール
15.エメラルファイト
△  5.4.14

棟広良隆
◎  6.アドマイヤマーズ 1着
◯  2.グランアレグリア 3着
▲  4.ドゴール
△  5.マイネルサーパス
×  1.クリノガウディー 2着
注 11.14.15

辻三蔵
◎  6.アドマイヤマーズ 1着
◯  2.グランアレグリア 3着
▲ 11.ケイデンスコール
☆  8.ディープダイバー
△  4.14.15

津田照之
◎  6.アドマイヤマーズ 1着
◯ 14.ファンタジスト
▲  2.グランアレグリア 3着
11.ケイデンスコール
△  .5.7.9

栗山求
◎  2.グランアレグリア 3着
◯  6.アドマイヤマーズ 1着
▲ 11.ケイデンスコール
△  5.14

レース結果:6-1-2
払戻金:三連単45,180円 (114番人気)

須田「牝馬の挑戦。しかも騎手の都合で転身してきたので、②グランアレグリアについては、賛否分かれる面があるのかもしれないが、単純にサウジアラビアRCを圧勝してきた馬と考えれば、性別と関係なく、ここでは本命視せざるを得ない。今年は500万条件組のいいパターン。『前走1600m戦を上位人気で勝利』に該当する馬がいないので、『前走・重賞好走馬が有利』と考え、印上位はそのタイプで堅めた結果、堅い予想となった」

棟広「④ドゴール。前走のサウジアラビアRCでは、グランアレグリアをコンマ3秒上回る、メンバー中最速の33秒7と優秀な決め手を発揮した。今回の阪神外回りも直線は長いが、重い芝に替わる事と、直線の急坂が加わることが今回の課題となる。ただ雨が降る時間が早まったとしても、道悪をこなしている強みがある。⑤マイネルサーパス。前走のきんもくせい特別は、差す競馬で良さを発揮した。着差はわずかハナ差だったが、気性を考慮して、直線半ばで鞍上は一度追うのを止めているし、従来のレコードを2秒も更新する1分46秒2の好時計は注目する価値がある。ただ33秒台の決め手勝負の流れになってしまうと心配だが、34秒台まで流れてくれれば、差し込みのシーンがあってもいい。上がりがかかるという意味では、雨は歓迎材料。そして①クリノガウディー。新馬戦を勝って東スポ杯2歳Sで、『気も入って少し力んでいた』と陣営はコメント。それでもコンマ5秒差なら、7着といっても悪くない。1分47秒1で走破し、京都でのデビュー戦よりも2秒9詰めている事も注目に値する。『折り合い面を考えると距離が短くなるのはプラス材料』と続けているように、マイルになっても、もう一押しが利けば」

「今年の阪神開催ではM・デムーロ騎手の38勝がトップ。M・デムーロ騎手は通年免許を取得した2015年以降、阪神で行われたG1競争で最多の4勝を挙げている。本命の⑥アドマイヤマーズは、M・デムーロ騎手のお手馬。デビューから無傷の3連勝で、デイリー杯2歳Sを勝利。新馬戦では、後に新潟2歳Sを勝ったケイデンスコールに快勝。レース運びが上手で、競り合いの強さに自信がある。中4週だが、在厩調整を選択。今週の栗東坂路では、1回目のハロー掛けから30分後に追い切り、自己ベストの4F 52秒9を計測。馬場状態が悪い時間を考えれば、破格の時計。後は過去10年の朝日杯で3勝しているM・デムーロ騎手に全権委任」

栗山「ディープインパクト産駒は、阪神・芝1600mの2歳G1を得意としており、先週のダノンファンタジーを含めて、過去6勝。2位以下を大きく引き離している。1番人気に推された4頭は、3勝2着1回で連対率100%。信頼性は極めて高く、何らかの理由で自滅する以外に凡走は考えづらいところ。②グランアレグリアは牡馬相手のG1だが、過去2戦とも牡馬と戦っており、ここは通過点。母タピッツフライは、米国で芝G1を2勝した名牝。芝8ハロンのG1・ジャストアゲームSを1分32秒34で逃げ切ったスピード馬で、日本向きの適性を秘めていた。残念ながら今年3月に死んでしまったため、産駒はグランアレグリアと1歳下の全弟の2頭しかいない。この全弟は姉と同じクラブで募集価格1億5千万円の期待馬。来年のPOGでも目玉となる一頭」

買い目

古谷剛彦

枠連
 [2]-[4] 6,000円

馬連
 2-6 7,000円
 2-11 5,000円
 2-15 2,000円
 2-5 3,000円

3連複軸2頭ながし
 2.6-4.5.11.14.15
5点 各2,000円

3連複
 2-6-11 3,000円
 2-5-6 1,000円
 2-6-14 3,000円

総額:40,000円

津田照之

3連複軸2頭ながし
 6.14-2.11(2点厚め)
 6.14-1.5.7.9(4点)

小木茂光 (番組MC)
⑥アドマイヤマーズ、⑪ケイデンスコール、①クリノガウディー

3連単F
 1.6.11 → 1.2.3.4.5.6.8.11.13.14.15 → 1.6.11 (54点)

守永真彩 (番組MC)
②グランアレグリア

3連複軸1頭ながし
 2-6.11.13.14 (6点)