競馬コンシェルジュ 京成杯2019 予想と買い目

今回の担当コンシェルジュは、血統評論家の栗山求さんとフリーの競馬記者・辻三蔵さん。番組で披露された予想の中から「京成杯(G3)」の買い目を紹介します。

皐月賞(G1)と同じ中山2000mが舞台の京成杯。昨年は、その皐月賞で3着に入ったジェネラーレウーノが勝利しています。



京成杯 通算出走回数別成績 ※過去10年

出走 成績 勝率 連対率
6回以上 0-0-3-17 0% 0%
5回 0-1-2-19 0% 4.5%
4回 3-3-0-15 14.3% 28.6%
3回 6-4-2-25 16.2% 27.0%
2回 1-2-1-27 3.2% 9.7%
1回 0-0-2-15 0% 0%
好走率が高いのはキャリア3~4戦

競馬コンシェルジュの予想

京成杯 2019
辻三蔵
◎  2.ヒンドゥタイムズ 3着
◯  6.カテドラル
▲  7.ラストドラフト 1着
☆  9.シークレットラン
△  1.カイザースクルーン
△  5.ランフォザローゼス 2着
△ 12.ダノンラスター

栗山求
◎  9.シークレットラン 4着
◯  5.ランフォザローゼス 2着
▲ 12.ダノンラスター
△  2.ヒンドゥタイムズ 3着
△  7.ラストドラフト 1着
△  6.カテドラル

「2008年以降、京成杯の調教コース別成績を調べると、栗東CW調教馬が最多の3勝(3-3-1-7/14)。注目すべきは勝率21%、複勝率50%。圧倒的に好成績を残している。今年、好走調教に該当したのは◎ヒンドゥタイムズ。デビュー戦(阪神・芝2000m)は出負けしたものの、道中のレース運びは完璧。折り合いもスムーズで、抜け出す時の脚も速い。とにかくセンスがいい馬。今回はこの馬から狙ってみたい」

栗山「◎シークレットラン。デビュー前から注目していた馬で、前走・葉牡丹賞(500万下)をレコードで快勝。実は葉牡丹賞と京成杯は相性が良くて、過去10年で葉牡丹賞から来た馬の連対率は50%あり、勝った馬に限ると複勝率100%。前走のような走りができれば、今回も馬券圏内に来ると思う」

買い目

辻三蔵

3連複軸1頭流し (54.9倍 的中!54,900円)
 -1..6..9.12
15点 各1,000円

3連複 (54.9倍 的中!109,800円)
 2-5-9 5,000円
 2-7-9 3,000円
  2,000円
 2-9-12 1,000円
 2-7-12 1,000円
 2-6-9 2,000円
 2-5-6 1,000円
 2-6-7 2,000円

枠連
 [2]-[7] 4,000円
 [2]-[6] 3,000円
 [2]-[8] 3,000円
 [2]-[5] 5,000円

馬連
 2-6 1,500円
 1-2 1,500円

総額:50,000円

⇒ 辻三蔵の勝負馬券通算成績

栗山求

馬単
 9 → 2.5.6.7.12 (5点)
3連単軸1頭マルチ
 9 → 2.5.6.7.12 (60点)

小木茂光 (番組MC)
本命⑨シークレットラン

3連単F
 9 ⇔ 1.2.5.6.7.10.12 → 5.10.12 (36点)

守永真彩 (番組MC)
本命⑨シークレットラン

3連複
 9-2.5.7.12 (6点)