東スポ 虎石 競馬予想 2018 ウインイング競馬出演

2018年4月 東スポ 虎石 予想印
4/29 天皇賞・春

「本命⑩サトノクロニクル。前走の阪神大賞典(2着)は、勝ち馬レインボーラインに出し抜けを食った後も闘志を失わず巻き返した走りは光った。仕上げも万全で、あとは川田騎手が追い出しのタイミングをミスしなければいいだけ」

◎ 10.サトノクロニクル 12着
○ 12.レインボーライン 1着
▲  2.チェスナットコート
△  4.カレンミロティック
△  8.クリンチャー 3着
△ 11.シュヴァルグラン 2着
△ 14.アルバート
△ 16.スマートレイアー
馬単
10 ⇔ 2.12 (4点)
12 ⇔ 2 (2点)
10 → 4.8.11.14.16 (5点)

3連単軸2頭マルチ
10.12 ⇔ 2.4.8.11.14.16 (36点)

4/28 青葉賞

「本命は堀厩舎の次期エース候補⑱サトノソルタス。前走の共同通信杯(2着)は、前半の行きっぷりがひと息だったように距離延長はむしろ歓迎であり、今週は稽古で天皇賞・春に出走するアルバートを子供扱い。ここにきての伸びシロも相当なもの」

◎ 18.サトノソルタス 6着
○ 10.スーパーフェザー 3着
▲  3.スズカテイオー
△  8.オブセッション
△  9.ゴーフォザサミット 1着
△ 12.ダノンマジェスティ
△ 13.ノストラダムス
馬単
18 ⇔ 3.10 (4点)
10 ⇔ 3 (2点)
18 → 8.9.12.13 (4点)
4/22 フローラステークス

「本命は3戦2勝の⑩オハナ。負けた前走のクイーンCも大外を回されての4着。5着マウレア(桜花賞5着)より数段上の器。ネックは馬体維持だが中間の放牧効果が絶大で、小柄ながら馬は充実。勝ってオークスの伏兵となる」

◎ 10.オハナ 14着
○  1.サラキア
▲  4.サトノワルキューレ 1着
△  3.ウスベニノキミ
△  8.ラブラブラブ
△ 12.レッドベルローズ
△ 16.ノームコア 3着
4/22 マイラーズカップ
◎  9.モズアスコット 2着
○  8.ロジクライ
▲  4.エアスピネル 3着
△  1.ヤングマンパワー
△  5.サングレーザー 1着
△  7.ダッシングブレイズ
△ 10.ブラックムーン
4/21 福島牝馬ステークス
◎  3.レイホーロマンス 5着
○ 11.ワンブレスアウェイ 6着
▲  5.トーセンビクトリー 4着
△  4.カワキタエンカ 2着
△  6.ゲッカコウ
△ 10.ロッカフラベイビー
△ 12.デンコウアンジュ 3着
4/15 皐月賞
◎ 15.ステルヴィオ 4着
○ 14.サンリヴァル 2着
▲  5.キタノコマンドール 5着
△  1.タイムフライヤー
△  2.ワグネリアン
△  3.ジャンダルム
△  9.オウケンムーン
△ 10.ジェネラーレウーノ 3着
4/15 アンタレスステークス
◎  7.ロンドンタウン 6着
○ 15.ミツバ 2着
▲  5.トップディーヴォ 4着
△  1.グレイトパール 1着
△  2.ナムラアラシ
△  9.コスモカナディアン
△ 13.クインズサターン 3着
4/14 アーリントンカップ
◎ 10.エアアルマス 10着
○  2.インディチャンプ 4着
▲  6.タワーオブロンドン 1着
△  1. パクスアメリカーナ 2着
△  5.ピースユニヴァース
△ 11.レッドヴェイロン 3着
△ 12.ラセット
4/8 桜花賞
◎ 13.アーモンドアイ 1着
○  1.ラッキーライラック 2着
▲  3.リバティハイツ 6着
△  6.スカーレットカラー
△  7.トーセンブレス
△  9.リリーノーブル 3着
△ 15.プリモシーン
△ 17.マウレア
4/7 阪神牝馬ステークス
◎  1.ジュールポレール 5着
○  2.アドマイヤリード 4着
▲  3.リスグラシュー 3着
△  4.ミエノサクシード
△  5.デンコウアンジュ
△  6.ソウルスターリング
△ 11.ミスパンテール 1着
4/7 ニュージーランドトロフィー
◎  5.カツジ 1着
○  4.アイスフィヨルド 5着
▲ 15.アンブロジオ 15着
△  6.カシアス
△  8.ラムセスバローズ
△ 10.ファストアプローチ
△ 14.ケイアイノーテック 2着
4/1 大阪杯
◎  8.アルアイン 3着
○  5.ペルシアンナイト 2着
▲  1.ミッキースワロー 5着
△  2.サトノダイヤモンド
△  9.トリオンフ
△ 14.ダンビュライト
△ 15.スワーヴリチャード 1着