トラックマンTV ダイヤモンドS、京都牝馬S 2018「自信の勝負レース」予想と買い目

今週の出演者は、優馬の佐藤直文さん、競馬ブックの米満浩生さん。お二人の自信の勝負レースの買い目と「ダイヤモンドS(G3)」「京都牝馬S(G3)」の印を紹介します。

先週はデイリースポーツの井上達也さんが京都3R(3歳未勝利)、馬サブローの竹村浩行さんが京都9R(こぶし賞)を勝負レースに選択。井上さんは的中しませんでしたが、竹村浩行さんは三連単(51倍x500円)と三連複(10倍x2,000円)を的中させました。

スポンサーリンク

佐藤直文 米満浩生
成績 2017年勝負レース4戦1分
-59,600円 回収率5%
2017年勝負レース5戦0勝
-145,000円 回収率0%

トラックマンTV 予想

米満浩生 自信の勝負レース
京都9R つばき賞 2018
◎  6.ユーキャンスマイル 1着
◯ 12.リシュブール 5着
▲  3.シルヴァンシャー 3着
△  5.シースプラッシュ
△  9.ダークナイトムーン 2着
△ 10.グランデミノル

「本命⑥ユーキャンスマイル。走りが荒い馬だが、前走・未勝利(京都・芝2200m)の内容が非常に強かった。直線で内へもたれず、まともに追えていたら5~6馬身はちぎっていたはず。対抗の⑫リシュブールは、コントロールしやすい馬で、どんな枠でも立ち回れる」

買い目

単勝 (的中!4.4倍)
 6 5,000円

馬連
 6-12 5,000円

3連複 軸2頭流し
 6-12-3.5 各3,000円
 6-12-9.10 各2,000円

総額:20,000円

 

佐藤直文 自信の勝負レース
東京9R フリージア賞 2018
◎ 10.マイネルファンロン 2着
◯ 11.エリスライト 4着
▲  7.ギベオン 1着
△  1.ブレステイキング 3着
△  4.アシュリン
△  8.ハーツフェルト
△  2.ホリデーモード

「本命⑩マイネルファンロン。前走の葉牡丹賞はメンバーレベルが高かった。勝ったジェネラーレウーノは、その後、京成杯(G3) を勝ち、2着したシャルドネゴールドも500万を勝っている。その馬たち相手に勝ちに行っての3着は悪くない。走破時計の2分1秒5も、500万はすぐ卒業できるレベル。今回逃げそうな馬がいないので4馬身差をつけて圧勝した未勝利戦(東京・芝2000m)のように逃げてもらいたい。対抗は良血⑪エリスライト。デビュー戦はスタートで後手を踏むも、終わってみればあっさり5馬身差の圧勝。これは確かに強かったが、上手く行った感もあり、ひと息入って、コースもガラッと変わる東京の2000m。素質でどこまでやれるかなと言うところ」

買い目

馬連 (的中!12倍)
 10-11 4,000円
 10-7 4,000円
 10-1 3,000円
 10-4.8.2 各1,000円

3連単F
 10 → 11.7.1 → 11.7.1.4.8.2 各400円

総額:20,000円

 

京都牝馬ステークス 2018
米満浩生
◎  8.ミスパンテール 1着
◯  1.オーヴィレール
▲  4.ミスエルテ
△  5.ヴィゼットジョリー
△ 10.ディアレガーロ 2着
△  3.ソルヴェイグ
△  2.ワンスインナムーン

佐藤直文
◎  8.ミスパンテール 1着
◯ 10.デアレガーロ 2着
▲ 12.エスティタート 3着
△  3.ソルヴェイグ
△  2.ワンスインナムーン
△  7.サザナミ
△  4.ミスエルテ


米満浩生「本命⑧ミスパンテール。前走の内容と持っている潜在能力を重視。対抗は大駆けムード漂う①オーヴィレール。実績のある京都コースで最内枠といういい枠を引いたと思う。④ミスエルテは、このメンバーなら素質上位とみて3番手に。馬券は馬連⑧-①④⑤」

佐藤直文「馬場次第では波乱もある。少し荒れた馬場に対応でき、自在に動ける馬が狙い目。本命の⑧ミスパンテールは、千六で連勝しているが、少し時計のかかる千四がベスト。馬券は⑧から馬連で二~三点まで」

 

ダイヤモンドステークス 2018
佐藤直文
◎ 14.フェイムゲーム 1着
◯  8.レジェンドセラー
▲  5.ホウオウドリーム
△  3.プレストウィック
△  6.ソールインパクト 3着
△  1.リッジマン 2着
△ 12.グランアルマダ

米満浩生
◎ 14.フェイムゲーム 1着
◯  5.ホウオウドリーム
▲  3.プレストウィック
△  1.リッジマン 2着
△  6.ソールインパクト 3着
△  8.レジェンドセラー


佐藤直文「本命⑭フェイムゲーム。ステイヤーズS(G2)は相手が強かっただけ。この馬は強い競馬をしていた。明けて8歳になるが全く衰えはない。斤量58㎏だった昨年の6着は、明らかに仕掛け遅れ。まだまだ脚は残していた。今回の58.5㎏は問題ない。対抗⑧レジェンドセラー。アメリカJCC(G2)は、追走に苦労して4角でもまだ後方の位置。それでも直線では、最後までしぶとくしぶとく伸びていた。一瞬の脚で来れるタイプではないので、距離が一気に伸びるのはこの馬にとってはいい。⑭フェイムゲームを負かすとすれば、軽ハンデでまだまだ未知の魅力がある馬だと思う。馬券は3連単F⑭→⑧⑤③→⑧⑤③⑥①⑫」

米満浩生「古馬のダート戦線のように長距離のスタミナ勝負は、キャリアのある馬ががんばる。⑭フェイムゲームは58.5㎏でも2着した実績があり、ここは大丈夫だと思っている。⑤ホウオウドリームの前走は、久々でちょっと緩くて、展開不向きだった。叩いた上積み、4戦3勝の東京、ハンデ52㎏を考えると怖い存在。馬券は⑭-⑤の馬連1点」

スポンサーリンク