トラックマンTV オーシャンステークス 2018「自信の勝負レース」予想と買い目

今週の出演者は、東がサンケイスポーツの柴田章利さん、西が優馬の須藤大和さん。お二人の自信の勝負レースの買い目のほか、土曜日の重賞「チューリップ賞(G2)」「オーシャンS(G3)」の印を紹介します。

先週は日刊競馬の桧原正行さんが中山8R(4歳以上500万下)、スポーツニッポンの細原邦央さんが小倉11R(皿倉山特別)で勝負しましたが、どちらも的中しませんでした。

スポンサーリンク

柴田章利 須藤大和
成績 2017年勝負レース5戦1勝
-34,000円 回収率37%
2018年勝負レース1戦1勝 +4,800円
2017年勝負レース5戦1分 -82,000円

トラックマンTV 予想

須藤大和 自信の勝負レース
阪神2R 3歳未勝利
◎  9.セルリアンユウガ 9着
◯ 14.ギラーミン
▲  4.エクレアフレイム
△  2.サンライズカイザー
△ 11.クリスエステソーロ 1着
△ 15.ルクスムンディー
△  7.カフジフェニックス
△ 12.サンライズハニー

「未勝利戦で入着している馬が何頭かいるが、初出走組の好調教の馬に魅力を感じた。その中でも⑨セルリアンユウガは能力も高くて、初戦から走れると思う。今週は福永騎手を背に調教で感触を確かめてもらう感じだったので時計はそれほど速くなかったが、2週前の栗東坂路では4F51秒1、1F12秒0をマークした。これだけでも非凡なスピードの持ち主だとわかる。コースでゲート練習した時も11秒台を連発したらしく、いい感じに仕上がっていると思う」

買い目

単勝
  6,000円
馬連
 9-14.4.2.11.15.7.12
7点 各2,000円 総額20,000円

 

チューリップ賞 2018
須藤大和
◎  5.ラッキーライラック 1着
◯  9.リリーノーブル 3着
▲  4.マウレア 2着
△ 10.サラキア
△  3.スカーレットカラー
△  8.シグナライズ

柴田章利
◎  9.リリーノーブル 3着
◯  5.ラッキーライラック 1着
▲  4.マウレア 2着
△  3.スカーレットカラー
△  6.レッドランディーニ
△ 10.サラキア


須藤「昨年暮れの阪神JF(G1)の上位3頭が順調にココに駒を進めたということで、この3頭が主力を形成すると思う。本命は⑤ラッキーライラック。無敗馬が4頭揃った前走・阪神JFは2番人気で、初めて中団から差す形に。4角で一瞬手応えが悪くなったが、直線で追い出してからは長くいい脚を使っていた。着差はそれほどでもないが完勝といっていい内容だった。最初の2戦が好位から抜け出す競馬で、3戦目が中団からの差し切りとレース上手な馬。この中でも完成度の高さは1番だと見ている。対抗⑨リリーノーブル。阪神JFは好位の後ろに付けたが、前半少し行きたがる面を見せた分、最後甘くなった。あとラッキーライラックに目標にされた分の不利もあったと思うので、流れひとつで逆転できる目はありそう。馬券は三連単の1・2着固定であと印に流す」

柴田「本命⑨リリーノーブル。阪神JFは白菊賞から中1週という厳しいローテーションだったが、一旦は抜け出し先頭に立つ競馬をした。ラッキーライラックにゴール前で交わされたが、今回同じ休み明けの状態で出てくるのであれば逆転の可能性はありそう。能力的には引けを取らないと思うので。馬券は⑨リリーノーブルを1着、⑤ラッキーライラックを2着で三連単」

 

オーシャンステークス2018
柴田章利(勝負レース)
◎  4.ビップライブリー 5着
◯ 11.スノードラゴン
▲ 13.ナックビーナス 2着
△ 15.レーヌミノル
△  9.ネロ
△  3.アルティマブラッド
△ 14.エポワス

須藤大和
◎ 15.レーヌミノル 6着
◯ 11.スノードラゴン
▲  4.ビップライブリー
△ 12.ラインスピリット
△ 10.ダイメイフジ 3着
△ 16.ロードクエスト
△  9.ネロ


柴田「何が勝ってもおかしくないレースで荒れそう。千二で逃げそうな馬はいるが、すごいスピード馬という感じではないので、好位組の決め手勝負とみる。本命④ビップライブリー。阪神C(G2・5着)は無理なく好位の後ろから。直線、若干モズアスコットによられた場面もあって、一瞬仕掛けが遅れるような感じ。それでも最後、もう一伸びしてくる競馬だったので悲観する内容ではなかった。オープンに上がってからも重賞でそんなに差のない競馬をずっと続けてきているので軸馬にはこの馬が一番いい」

須藤「ハイレベルと言われる4歳世代の桜花賞馬⑮レーヌミノルが久々にスプリント戦に出走。前2走の内容から早熟ということは決してないので、ここの条件で変わってくるんじゃないかな。1200mは6馬身差を付けて圧勝した2016年の小倉2歳S(G3)以来となるが、気性が勝っているタイプなので問題ない。これぐらいの距離だと折り合いも気にしなくていいので、スピード全開といった競馬を見せてくれるはず」

買い目

柴田章利(勝負レース)
単勝
  2,500円
馬連
 4-全頭総流し
15点 各500円 総額10,000円

スポンサーリンク