トラックマンTV 京都新聞杯 2018「自信の勝負レース」予想と買い目

今週の出演者は、東が研究ニュースの京増真臣さん、西が競馬ブックの米満浩生さん。お二人の自信の勝負レースの買い目のほか、土曜日の重賞「京都新聞杯(G2)」の印を紹介します。

先週は、日刊ゲンダイの新居哲さんが東京11R(青葉賞)、優馬の田崎泰さんが京都6R(3歳500万下)で勝負しましたが、お二人とも的中しませんでした。

スポンサーリンク

勝負レース成績
京増真臣 米満浩生
2018年 1戦0勝
-30,000円 回収率0%
2018年 1戦1勝
+2,000円 回収率110%
2017年 6戦1勝
+205,000円 回収率200%
2017年 5戦0勝
-145,000円 回収率0%

トラックマンTV 予想

米満浩生 自信の勝負レース
新潟7R 4歳以上500万下 13:15発走
◎  7.ジオラマ 1着
◯ 10.ラインフィール 2着
▲ 13.ダノンコスモス
△ 15.アドマイヤカロ
△  3.タイセイマルス

「本命⑦ジオラマ。久々の前走5着(阪神ダ1400m)は、オーバーペースに巻き込まれ、直線入口で先頭に立ってしまった。あれはもう惨敗のペース。それでもそこそこゴール前まで粘っていたので、次1200mを使ってくるようなら馬券を買おうと思っていた。今回は一叩きして2キロ減の騎手を起用。そして厩舎も強気だったので、ここはメイチの勝負だと思って自分も勝負馬券にした」

買い目

単勝 (的中!3.0倍)
 7 5,000円

3連複軸1頭流し
 7-10.13.15.3 各3,000円

総額:23,000円

 

京増真臣 自信の勝負レース
東京9R 立夏ステークス 14:35発走
◎ 10.エニグマ 3着
◯ 14.マジカルスペル 1着
▲  5.イーグルフェザー
△  6.アナザートゥルース 2着
△ 13.テンザワールド
△ 12.メイショウサチシオ
△ 11.メリートーン

「逃げ候補の③アースコネクター、⑫メイショウサチシオ、⑭マジカルスペルなどの有力馬が先行好位勢を固める感じなので、ハイペースは必至。差し追い込み勢がゴール前で台頭すると思う。本命は⑩エニグマ。前走の鎌倉S(東京ダ1400m)は、準OPとしてはスローに近い流れで、典型的な前残りの展開。それを4角14番手から、外を回るコースロスがありながらも、レースの上がり36秒6を1秒3上回る末脚で一完歩ごとに差を詰めて、ゴール寸前で2着に浮上と。このレースぶりは非常に高く評価できる。マイルまでの距離ならこの馬の守備範囲で、展開利が見込める今回は、突き抜けてくれると思う」

買い目

単勝
 10 20,000円

馬単
 10 → 14.5.6.13.12.11 各2,000円

3連単F
 10 → 14.5.6.13.12.11 → 14.5 各800円

総額:40,000円

 

京都新聞杯2018
米満浩生
◎  7.ケイティクレバー 9着
◯  1.フランツ
▲ 12.ユーキャンスマイル
△  2.グローリーヴェイズ
△ 15.シャルドネゴールド 3着
△ 14.アールスター

京増真臣
◎  3.レノヴァール 14着
◯  2.グローリーヴェイズ
▲ 15.シャルドネゴールド 3着
△  1.フランツ
△  8.アドマイヤアルバ 2着
△ 13.ステイフーリッシュ 1着
△ 11.アルムフォルツァ

米満「⑦ケイティクレバーが、真ん中より若干内めの枠を引いたので、ここはハナに行くと見て本命に。この馬は、コーナー4つの京都芝2000mをマイペースで逃げることができれば、非常に強い粘りを見せる。馬券を買いたくないレースだが、買うとしたら⑦ケイティクレバーから馬連で印を付けた5頭へ」

京増「本命③レノヴァール。脚質を考えれば、広い京都コースに替わるのは好材料。ハーツクライ産駒らしく、1戦ごとにパフォーマンスを上げる豊かな成長力を見せているので、今回は前回以上のパフォーマンスが期待できると思う。ダービー出走ということを考えれば、2着までに入らないといけない。前がかりになると読んで、③レノヴァールの差し切りに期待。馬券はこの馬の単勝。相手は絞りづらい」

スポンサーリンク