トラックマンTV 平安ステークス2018「自信の勝負レース」予想と買い目

今週の出演者は、東が競友の前田智基さん、西が研究ニュースの小宮邦裕さん。お二人の自信の勝負レースの買い目のほか、土曜日の重賞「平安ステークス(G3)」の印を紹介します。

先週は、優馬の須藤大和さんが東京11R(京王杯SC)、サンケイスポーツの柴田章利さんが新潟11R(火打山特別)で勝負。須藤さんは不的中。柴田さんは、単勝と馬連を的中させて配当総額19,250円、収支は+9,250円でした。


勝負レース成績
前田智基 小宮邦裕
2018年 2戦0勝
-20,000円 回収率0%
2018年 1戦0勝
-10,000円 回収率0%
2017年 4戦0勝
-42,200円 回収率0%
2017年 5戦1勝1分
-15,200円 回収率74%

トラックマンTV 予想

京都11R 平安ステークス
小宮邦裕(勝負レース)
◎  6.グレイトパール 5着
◯  5.テイエムジンソク
▲ 13.ナムラアラシ
△  1.ミツバ
△ 14.クイーンマンボ 2着
△  9.サンライズソア 1着
△ 10.クインズサターン 3着

前田智基
◎  6.グレイトパール 5着
◯  5.テイエムジンソク
▲  2.コスモカナディアン
△  1.ミツバ
△ 10.クインズサターン 3着
△ 12.メイショウウタゲ
△  9.サンライズソア 1着

小宮「本命は、まだダートでは土付かずの⑥グレイトパール。前走のアンタレスS(G3)は、休み明けとしては十二分な内容だったし、一叩きして上積みが見込めそう。この馬が勝ちに一番近いと思う。⑤テイエムジンソクはコーナー4つの競馬ではホント崩れないなという印象。2走前の東海S(G2)のような3、4番手から早めに抜け出すような競馬が理想」

前田「本命はダートで無敗の⑥グレイトパール。京都のダ―ト1900mは4戦4勝と昨年圧勝した舞台。状態が順当に上向いているのであれば、前回と似たような組み合わせとなる今回、崩れることは考えにくい。⑤テイエムジンソクは前走(フェブラリーS)こそ、息の入らない展開が響き崩れてしまったが、みやこSを圧勝した得意の京都で自分のリズムで走れるようなら、巻き返しは大いに可能。馬券は⑥グレイトパールから⑤テイエムジンソクを絡めるのであれば、②コスモカナディアンとか⑫メイショウウタゲ。この辺の人気のないところを三連系で絡めて買いたい」

買い目

小宮邦裕(勝負レース)

3連単F
 6 → 5.13.1.14 → 5.13.1.14.9.10
20点 各500円 総額10,000円

 

前田智基 自信の勝負レース
東京10R 是政特別 15:10発走
◎  9.バレッティ 4着
◯ 16.リヴァイアサン
▲  5.ワイルドダンサー 11着
△  6.サノサマー 2着
△  1.リッキーリッキー
△ 12.サトノティターン 1着
△  3.サラセニア
△  4.ウォーターマーズ

「ダートの長丁場。このカテゴリーはいつも同じ様なメンバーの組み合わせが多く、本来は比較・検討しやすいレース。だけど今回はあえて、着順の悪い方から入ってみたい。本命は⑨バレッティ。かみ合えば、全然足りる下地は見せているのでそろそろ面白い。前走(4歳上1000万円以下)は、前が止まらない流れで5着に終わってしまったが、それでも4角辺りで見せた、スッと上がって行った脚は魅力的だった。2走前も展開不向きのなか、長く脚を使って3着している。一叩きされてひと粘り効くのであれば、そろそろこのクラスを卒業できるのではないかと。陣営の評価も高く、いいものを持っていると思うので。人気薄の⑤ワイルドダンサーは、本命にしようか悩んだ馬でけっこう狙い目だと思う。今回はここ2戦と調整内容が全く違う。ここ2戦というのは足元を気にして動けないような感じだったが、今回はじっくり乗り込んで中身を作ってきている。元々このクラスで好走成績があり、まともに走ればここで勝っても不思議じゃないくらい、能力のある馬。その馬が状態を持ち直したとあれば、ちょっと狙いたい」

買い目

馬連
 9-16 2,200円
 9-5  2,200円
 9-6  1,000円
 9-1  1,000円

3連単軸2頭マルチ
 9.5 → 16.6.1.12.3.4
36点 各100円 総額10,000円