トラックマンTV 鳴尾記念 2018 予想と買い目

今週の出演者は、東が競馬エイトの片桐靖弘さん、西がデイリースポーツの井上達也さん。お二人の自信の勝負レースである土曜日の重賞「鳴尾記念 (G3)」の買い目を紹介します。

先週は、勝馬の髙橋剛さん、馬サブローの竹村浩行さんともに日本ダービー(G1)で勝負しましたが、お二人とも的中しませんでした。

スポンサーリンク

勝負レース成績
片桐靖弘 井上達也
2018年 1戦0勝
-20,000円 回収率0%
2018年 2戦0勝
-31,000円 回収率0%
2017年 5戦1勝
-19,500円 回収率86%
2017年 7戦2勝
+149,150円 回収率259%

トラックマンTV 予想

鳴尾記念2018
井上達也(勝負レース)
◎  5.トリコロールブルー 3着
◯  2.トリオンフ 2着
▲ 10.ストレンジクォーク
△  3.モンドインテロ
△  7.ナスノセイカン
△  8.ストロングタイタン 1着
△  6.マルターズアポジー

片桐靖弘(勝負レース)
◎  2.トリオンフ 2着
◯  5.トリコロールブルー 3着
▲  8.ストロングタイタン 1着
△  6.マルターズアポジー
△ 10.ストレンジクォーク
△  3.モンドインテロ

井上「本命の⑤トリコロールブルーは、準オープン(飛鳥S)、オープン(大阪城S)と連勝し、ここにきて充実してきたなという印象。前走の大阪城Sは、直線で外から被せられて追い出しが遅れてしまったが、終わってみれば力が違ったなという競馬だった。勝ち時計も優秀。これなら開幕馬場で時計が速くなっても対応できるし、ソエが癒えてからはここ4走で3勝。今回ちょっと間隔があいてしまったが、ポン駆けの効くタイプ。ここも要注目」

片桐「平均ペース以上が濃厚と見て、切れ味よりもスピードの持続力が決め手になる。本命は②トリオンフ。完勝した3走前の小倉大賞典(G3)は、わりと速いラップを踏み続ける展開を楽々と追走し、4角も手応え十分で回ってきた。やはりこの馬は、こういう全体的に速いラップで、スピードの持続力を活かす競馬に強い印象。逆に前走の新潟大賞典(G3)のような上がりの速い競馬は苦手なので、着順(4着)は気にしなくていい。速いペースが予想される今回は、この馬の持ち味をフルに活かせると思う。対抗⑤トリコロールブルー。前走の大阪城Sは、最内枠から中々外に持ち出せないロスがありながらも、最後は着差以上の余裕があった。中距離では底を見せていないので、これからの成長が楽しみな馬。ただ、ちょっとテンションが上がりやすいステイゴールド産駒なので、当日の気配というのはチェックしたいところ」

買い目

井上達也

3連単
 5 ⇔ 2 → 10
2点 各2,000円

 5 ⇔ 2 → 3.7.8.6
8点 各1,000円 総額12,000円

片桐靖弘

3連複 (的中!8.9倍)
 2-5-8 10,000円
 2-5-6 4,000円
 2-5-10 3,000円
 2-5-3 3,000円

総額20,000円

スポンサーリンク