トラックマンTV 京王杯2歳ステークス 2018「自信の勝負レース」予想と買い目

今週の出演者は、研究ニュースの京増真臣さんと競馬ブックの米満浩生さん。お二人の土曜日の「自信の勝負レース」の買い目のほか、「京王杯2歳S(G2)」「ファンタジーS(G3)」の予想印を紹介します。

先週は日刊競馬の桧原正行さんが東京9R(国立特別)、研究ニュースの小宮邦裕さんが京都9R(萩S)で勝負しましたが、お二人とも的中しませんでした。


勝負レース成績
京増真臣 米満浩生
2018年 5戦1勝
-126,800円 回収率25%
2018年 4戦2勝1分
-10,000円 回収率91%
2017年 6戦1勝
+205,000円 回収率200%
2017年 5戦0勝
-145,000円 回収率0%

トラックマンTV 予想

京増真臣 自信の勝負レース
東京10R ノベンバーS 15:00発走
◎  1.ヘリファルテ 7着
◯  6.マイネルファンロン 3着
▲  2.ランガディア 1着
△  5.パイオニアバイオ 2着
△  9.ケンホファヴァルト
△  4.ショウナンマルシェ
△ 10.ナリタエイト

レース結果:2-5-6
払戻金:三連単13,460円

「◎ヘリファルテ。近況が今一つの軽量馬に足元をすくわれるシーンは考えづらく、この馬の地力を素直に信頼したい。コスモイグナーツがハナを奪って、平均ややスローペースで流れるとすれば、父ディープインパクト譲りの瞬発力が活きてくる。〇マイネルファンロン。前走・習志野特別(1000万下)は、1000m通過63秒6の超スローペースを1000m付近から一気にまくって先頭に立ち、危なげなく押し切った。春はスプリングS(G2)3着から皐月賞(G1)に駒を進めた実力馬であり、昇級の壁はない。▲ランガディア。前走の弥彦特別は得意と言えない重馬場で、4歳降級馬が本馬含めて4頭とハイレベルな一戦の中を勝ち上がってきた。これは能力の証明になるし、実際、3走前にはこのクラスで0秒2差の4着もある。その実績を考えれば、この馬の55㎏はいくらか有利に映る」

買い目

馬単
 1 → 6 40,000円

3連単1着・3着固定流し
 1 → 6.5.9.4.10 → 2
5点 各2,000円

総額:50,000円

京王杯2歳ステークス 2018
京増真臣
◎  5.アウィルアウェイ 2着
◯  1.ファンタジスト 1着
▲  7.アスターペガサス
△  4.シングルアップ
△  6.カルリーノ 3着
△  3.ココフィーユ

米満浩生 (勝負レース)
◎  5.アウィルアウェイ 2着
◯  7.アスターペガサス
▲  1.ファンタジスト 1着
△  3.ココフィーユ
△  6.カルリーノ 3着

レース結果:1-5-6
払戻金:三連単4,400円

京増「8頭立てと出走頭数は少ないが、2戦2勝の素質馬が3頭揃った注目のレース。そのなかでも将来性も含めて、スケールの大きなアウィルアウェイが頭ひとつ抜けている印象。未対決の馬が多く、能力の比較が付きづらくて過去10年で馬単万馬券が4回出ているが、今年は頭数も落ち着き、順当な結果になると思う」

買い目

米満浩生 (勝負レース)
単勝
  30,000円

 

ファンタジーステークス 2018
米満浩生
◎  4.ダノンファンタジー 1着
◯  1.ベルスール 2着
▲  6.レーヴドカナロア
△  9.レッドベレーザ
△  3.ジュランビル 3着

京増真臣
◎  4.ダノンファンタジー 1着
◯  5.ラブミーファイン
▲  9.レッドベレーザ
△  6.レーヴドカナロア
△  1.ベルスール 2着
△  3.ジュランビル 3着
△  7.ヴァニラアイス