競馬コンシェルジュ 京都記念、共同通信杯 2018 予想と買い目

今週の担当コンシェルジュは競馬評論家の古谷剛彦さんと棟広良隆さん。番組で披露された予想の中から東京11R「共同通信杯(G3)」と、京都11R「京都記念(G2)」の印と買い目を紹介します。

「京都記念(G2)」は、昨年 サトノクラウンとM.デムーロ騎手が連覇を飾り、「共同通信杯(G3)」は、昨年勝ったスワーヴリチャードが、日本ダービー(G1)で2着に入っています。

スポンサーリンク

競馬コンシェルジュの予想

京都記念 2018
古谷剛彦
◎  6.レイデオロ 3着
◯ 10.アルアイン 2着
▲  5.モズカッチャン
 4.クリンチャー 1着
△  9.ミッキーロケット
△  3.ディアドラ

棟広良隆
◎  6.レイデオロ 3着
◯  7.クロコスミア
▲  3.ディアドラ
△  4.クリンチャー 1着
×  5.モズカッチャン
× 10.アルアイン 2着
注  9.ミッキーロケット


棟広良隆「⑥レイデオロは道悪をこなしている実績はあるが、道悪を完全に味方にできる馬たち(⑦③④)のうち、⑦クロコスミアと③ディアドラの2頭に注目して馬券を組み立てたい。

対抗⑦クロコスミアの前走・エリザベス女王杯(G1)は、勝ち馬モズカッチャンにわずかに差されはしたが、2番手という番手をこなして、2200mの距離も克服した、好内容での2着だった。2走前の府中牝馬S(G2)は、斤量差2㎏あったとはいえ、ドバイターフの覇者ヴィブロスを相手に、上がり33秒7の脚を使って逃げ切った。速い上がりを要求されると厳しいタイプだっただけに、ここでマークした上がり33秒7は決め手強化を証明した。決め手強化にも磨きがかかってきて、距離面でも2200mをこなし、元々得意にしていた道悪が加わるわけなので、今回の強力な牡馬相手でも、いい所以上があってもおかしくない。

③ディアドラが秋華賞(GI) で倒したリスグラシューが、先週の東京新聞杯(G3)で古馬の牡馬相手に勝ち、4歳牝馬が古馬の牡馬相手に戦えるというのを証明してくれた。そして今回、ただでさえ重い馬場に、道悪が加わるというのは③ディアドラにとって、大きな味方になる。前走・エリザベス女王杯で京都・芝2200mを凡走しているが、これはコース形態とかによるものではない。今回、重い芝が用意されるだけに、大きな変わり身があってもいい」

 

買い目

古谷剛彦

3連複 (的中!12.6倍)
 5-6-10 5,000円
 4-6-10 2,500円
 6-9-10 1,500円
 3-6-10 1,000円

馬連
 6-10 5,000円

合計:15,000円

棟広良隆

3連単F
 6 ⇔ 7.3 → 7.3.4.5.10.9
合計:20点

 

共同通信杯 2018
古谷剛彦
◎ 12.グレイル 7着
◯  2.カフジバンガード
▲ 10.ゴーフォザサミット
 9.ステイフーリッシュ
△  4.エイムアンドエンド
△  6.オウケンムーン 1着

棟広良隆
◎ 10.ゴーフォザサミット 4着
◯ 12.グレイル
▲  9.ステイフーリッシュ
△  6.オウケンムーン 1着
×  2.カフジバンガード
注  1.サトノソルタス 2着


棟広良隆「本命⑩ゴーフォザサミット。前走の百日草特別は非常に優秀な内容だった。マークした2分00秒9という時計は、3年前にルージュバックがこのレースでマークした2歳レコードとコンマ1秒しか差のないモノで、上がり33秒6という決め手も優秀。決め手はこのメンバーの中では1番。今回も同じ東京で、当時より馬場レベルは低いが、それでもこの人気であれば狙いたい。⑫グレイルは、前走・京都2歳Sで負かしたタイムフライヤーが、その後、ホープフルS(G1)を勝ったことによって価値が非常に高まった。素質も実績も、文句ないモノがある。ただ今回、距離が1800mに変わって時計勝負になった場合にどうか?という不安が大きく残っていると思う」

買い目

古谷剛彦

馬連
 2-12 1,000円
 10-12 2,000円
 4-12 500円
 9-12 1,500円

ワイド
 2-12 4,000円
 4-12 1,000円

3連複F
 12-2.10-1.2.4.6.9 各700円

合計:16,300円

棟広良隆

3連単
 10 → 12 ⇔ 9.6.2.1
合計:8点

スポンサーリンク