競馬コンシェルジュ 桜花賞 2018 予想と買い目

今週の担当コンシェルジュは競馬評論家の須田鷹雄さんと競馬エイトの津田照之さん。番組で披露された予想の中から、阪神11R「桜花賞(G1)」、中山11R「春雷ステークス」、福島11R「米沢特別」の印と買い目を紹介します。

牝馬クラシック第一弾「桜花賞(G1)」。昨年はフィリーズレビュー(G2)から挑んだ8番人気レーヌミノルが勝利しました。



競馬コンシェルジュの予想

桜花賞2018
須田鷹雄
◎  1.ラッキーライラック 2着
◯  9.リリーノーブル 3着
▲ 17.マウレア
☆  5.レッドサクヤ
△  6.15.13

古谷剛彦
◎  1.ラッキーライラック 2着
◯ 15.プリモシーン
▲ 17.マウレア
 9.リリーノーブル 3着
△  8.13.16

棟広良隆
◎  1.ラッキーライラック 2着
◯ 13.アーモンドアイ 1着
▲  9.リリーノーブル 3着
△ 16.フィフニティ
×  7.トーセンブレス
注 17.15.3

辻三蔵
◎ 17.マウレア 5着
◯  9.リリーノーブル 3着
▲  1.ラッキーライラック 2着
☆ 16.フィフニティ
△  3.5.12

津田照之
◎  7.トーセンブレス 4着
◯  1.ラッキーライラック 2着
▲ 13.アーモンドアイ 1着
 9.リリーノーブル 3着
△ 17.16.5.15

栗山求
◎  9.リリーノーブル 3着
◯  1.ラッキーライラック 2着
▲ 13.アーモンドアイ 1着
△ 15.16.17

 

古谷「阪神JF、チューリップ賞を連勝したラッキーライラック。前半3Fは同じペースで運び、上がり3Fはチューリップ賞の方が0秒4詰め、走破時計自体も0秒9速い時計でまとめている。他の有力馬が後方から進めるタイプながら、これまでの戦績でラッキーライラックを脅かすほどの上がり3Fを繰り出した馬がいない状況から、数字の比較で考えた時に、付け入る隙はないと思う。ただ1番枠を引いたことで揉まれ込んだ時に位置取りを悪くしたり、普段よりスパートを早め、本来の上がりを使うことができない想定も充分ありえる。絶対的な本命と決めつけることなく、未勝利戦で驚異的な上がりでテトラドラクマを差し切ったプリモシーンや、チューリップ賞でラッキーライラックと差を詰めたマウレアなども、逆点考えておく必要はある」

棟広「上位拮抗のメンバー構成でヒモ穴候補となると⑯フィフニティと⑦トーセンブレスの2頭に注目する。まずは⑯フィフティー。新馬戦を勝って休養。クイーンCでは、長距離輸送に初めての左回りなど、課題が山積みのなかでのキャリア5戦目のテトラドラクマから0.1秒差の2着は、高評価に値する。走破時計も馬場レベルが違うとはいえ、一気に2.9秒も詰めての1分33秒8は立派。高い能力を持っている。今回も初めての直線の急坂など、課題は残っているが、食い込みに注意したい存在。続いて⑦トーセンブレス。暮れの阪神JFで、ラッキーライラックから0.6秒差の4着。リリーノーブルからは0.5秒差で、マウレアからは0.4秒差。着差は小さくないが、上がりタイムの33秒7は、ラッキーライラックとタイ。リリーノーブルとマウレアには0.2秒上回っているし、長距離輸送でマイナス8キロという馬体減が応えてのもの。今回も馬体減がないかのチェックは必要だが、2回目の慣れが見込める。フラワーCはクビ差負けてしまったが、前哨戦としては悪くない内容」

「2008年以降、桜花賞の調教コース別成績では、栗東CW調教馬が4勝。勝率12%と相性の良さを見せている。栗東CWでは、実戦を想定して6Fから追い切る。外回りを意識して瞬発力を磨き、ラスト1Fを12秒前半にまとめる。上がり時計の速さが重要で4F51秒台が理想。本命の⑰マウレアが好走調教に該当。栗東滞在で桜花賞を勝った姉アユサン同様、栗東で最終調整。栗東CWで2週連続6Fから追い切り、古馬オープンのヤングマンパワーに先着。今週の栗東CWでは6F81秒4の好時計をマーク。姉アユサンを上回るハードトレーニングをこなしている。桜花賞5勝の武豊騎手を背に逆転優勝を狙う」

栗山「ルーラーシップ産駒のセールスポイントは、スタミナ・底力・成長力。叩き良化型でもあるので、トライアルよりも本番に強いタイプ。⑨リリーノーブルの前走・チューリップ賞は、休み明けで外枠だったこともあり、道中 力んで最後の伸び脚を欠いた。今回は休養明け2戦目。1度叩いたことで、心身ともに良化しており、前走のようなことはないはず。1番人気①ラッキーライラックは、これまでの4戦すべて楽勝で、逆境を跳ね返す競馬をしていないのがネック。18頭立ての多頭数で包まれる恐れのある1番枠は、決してプラス材料ではない。馬群を捌くのに苦労するようならリリーノーブルが逆転する可能性は充分ある」

買い目

須田鷹雄

3連単
 1.9 → 1.5.9.17 → 1.5.6.9.13.15.17
合計:30点

津田照之

3連単軸2頭マルチ
 7.1 → 13.9.17.16.5.15 (36点)

馬連
 7-1.13.9.17.16.5.15 (7点)
合計:43点

 

春雷ステークス 2018
須田鷹雄
◎ 15.レジーナフォルテ 5着
◯ 11.アドマイヤゴッド
▲  2.アレスバローズ
☆  4.ペイシャフェリシタ 1着
△  3.ビップライブリー
△  9.ディバインコード 3着
△ 10.アクティブミノル
△ 16.セカンドテーブル 2着

津田照之
◎  9.ディバインコード 3着
◯  3.ビップライブリー
▲ 11.アドマイヤゴッド
16.セカンドテーブル 2着
△ 10.アクティブミノル
△ 12.ウインソワレ
△  4.ペイシャフェリシタ 1着
△ 15.レジーナフォルテ

 

買い目

須田鷹雄

3連複
 15-2.4.11-2.3.4.9.10.11.16
合計:15点

津田照之

馬連
 9-3.11.16.10.12.4.15
合計:7点

 

米沢特別 2018
須田鷹雄
◎ 15.カネノイロ 9着
◯  5.コティニャック
▲  4.ローレルリーベ 1着
☆ 13.レッドウィズダム
△  6.アリスカン
△  9.ヒルノサルバドール 3着

津田照之
◎ 13.レッドウィズダム 5着
◯ 15.カネノイロ
▲  5.コティニャック
11.メンターモード
△  9.ヒルノサルバドール 3着
△ 14.ビスカリア
△  7.レコンキスタ
△  4.ローレルリーベ 1着

 

買い目

須田鷹雄

馬連
 15-4.5.6.9.13
合計:5点

津田照之

 13-15.5.11.9.14.7.4
合計:7点