競馬コンシェルジュ 京都大賞典 2018 予想と買い目

今回の担当コンシェルジュは、競馬評論家の古谷剛彦さんと、フリーの競馬記者・辻三蔵さん。番組で披露された予想の中から「京都大賞典(G2)」の買い目を紹介します。

秋の大舞台への前哨戦・京都大賞典(G2)。昨年は直線で内をついた7歳牝馬のスマートレイアーが勝利しています

スポンサーリンク

競馬コンシェルジュの予想

京都大賞典2018
古谷剛彦
◎  9.スマートレイアー 8着
◯  8.シュヴァルグラン
▲  2.サトノダイヤモンド 1着
11.ウインテンダネス
△  5.アルバート 3着

辻三蔵
◎  9.スマートレイアー 8着
◯  7.プラチナムバレット
▲  8.シュヴァルグラン
△ 11.ウインテンダネス
△  2.サトノダイヤモンド 1着
△  3.ブレスジャーニー

 

買い目

古谷剛彦

馬連
 8-9  5,000円
 2-9  3,000円
 9-11 1,000円
 5-9  1,000円

ワイド
 8-9  5,000円

計15,000円

辻三蔵

3連単 軸1頭マルチ
 9 → 7.8.11.2.3
60点 強弱つけて計30,000円

⇒ 辻三蔵の勝負馬券通算成績

小木茂光 (番組MC)
⑧シュヴァルグラン、⑦プラチナムバレット、⑨スマートレイアー

3連単F
 7.8.9 → 2.3.7.8.9.11 → 7.8.9 (24点)

守永真彩 (番組MC)
⑧シュヴァルグラン

3連複1頭軸
 8-2.4.11 (3点)

スポンサーリンク