凱旋門賞 2018 予想!海外競馬 合田直弘、秋山響、平松さとし

世界中のホースマンが憧れる夢舞台・フランス「凱旋門賞(G1)」。これまで22頭の日本馬が跳ね返されてきた世界最高峰の頂。今年はクリンチャーと武豊騎手が日の丸を背負い挑みます。

凱旋門賞の予想に役立つ、海外競馬評論家・合田直弘さんの注目馬と、海外競馬の達人・秋山響さん&平松さとしさんの買い目を紹介します。

スポンサーリンク

レース結果

1着:⑩エネイブル
2着:⑲シーオブクラス
3着:⑥クロスオブスターズ

単勝:10 170円
馬連:10-19 590円
馬単:10-19 750円
3連複:6-10-19 5,050円
3連単:10-19-6 10,850円

凱旋門賞2018 予想
海外競馬評論家
合田直弘
◎ 10.エネイブル 1着
◯ 5.ヴァルトガイスト 4着
▲  6.クロスオブスターズ 3着

エネイブル
「凱旋門賞、史上7頭目の連覇を達成する確率はかなり高いと見ている。今年は開幕前にヒザを痛めて長期休養。一時期は復帰が難しいと言われていた。ところが1ヶ月前のセプテンバーS(G3)で11ヶ月ぶりに復帰して、“3馬身半差の圧勝”で復活をアピール。やっぱりこの馬、モノが違うんだなと思った。唯一ほじくるように不安な点を探せば、去年制した凱旋門賞は“シャンティ”で、パリロンシャンの経験がないこと。しかしロンシャンを苦にするとも思えないので、多分、杞憂に終わると思う」

ヴァルトガイスト
「ここへ来ての上昇度という点では、エネイブルを上回る。前哨戦のフォア賞のレースぶりには度肝を抜かれた。後方からほぼノーステッキで突き抜けたあの競馬は鮮やかの一言。前哨戦でいい勝ち方をしたという事は、ロンシャン競馬場の馬場に対する適正も実証済みということ。これはエネイブルにない強み。今年の4勝は全て“芝2400m”のレース。全盛期を迎え、打倒エネイブルの筆頭格」

クロスオブスターズ
「去年の凱旋門賞の2着馬(8番人気で激走)。近走の成績があまり良くなく、英ブックメーカーの想定単勝オッズは現在34.0倍。ドバイシーマクラシック(G1)は気性が悪化し3着。それ以降も敗戦が続き、評価が下がった。元々ちょっと気性的な難しさがあった馬が、今シーズン迎えて、春、本当かかり癖がひどくなった。しかし、ドスローだった前哨戦のフォア賞で“折り合い”のついたレースを見せ、復調を感じさせた。5歳の秋を迎え、精神面の成長を見せるこの馬の末脚は怖い」

「根本からして凱旋門賞は大変荒れるレース。あまり人気馬同士で決まらない。一筋縄ではいかない競馬だと思ってほしい。そういう意味で馬券は⑥クロスオブスターズの“2着付け”をオススメしたい」

 

海外競馬の達人
秋山響
◎ 10.エネイブル 1着
◯  5.ヴァルトガイスト
▲ 19.シーオブクラス 2着
△  1.デフォー
△  6.クロスオブスターズ 3着
△  7.タリスマニック
△ 13.キューガーデンズ

「本命⑩エネイブル。能力、センスともにここでは一枚上。年内に1度しか使わずに凱旋門賞を制した例はないが、昨年も英国調教の牝馬としては初の優勝。再び歴史を塗り替える」

馬単 (的中!750円)
 10 ⇔ 5.19 (4点)
  5 ⇔ 19 (2点)
 10 → 7.6.1.13 (4点)
  5 → 7.6.1.13 (4点)
 19 → 7.6.1.13 (4点)

3連単 (的中!10,850円)
 5.10.19 → 1.5.6.7.10.13.19 → 1.5..7.10.13.19 (90点)

平松さとし
◎ 19.シーオブクラス 2着
◯ 10.エネイブル 1着
▲  5.ヴァルトガイスト
△ 13.キューガーデンズ
△ 11.ヌフボスク
△  7.タリスマニック
△  8.ティベリアン

「オッズ的な妙味を考慮して本命は⑲シーオブクラス。追い込み一手の脚質とゲート番(⑮番)も決して有利ではないが、斤量面と昨年のエネイブルと同じ臨戦過程、さらに前走の強いメンバー構成を考慮して逆転を期待」

馬単 (的中!750円)
 1910.5 (4点)
 10 ⇔ 5 (2点)
 19 → 13.11.7.8 (4点)

3連単
 5.10.19 → 5.7.8.10.11.13.19 → 5.7.8.10.11.13.19 (90点)

スポンサーリンク