トラックマンTV 中日新聞杯 2017「土曜の勝負レース」予想と買い目

今週の出演トラックマンは、東がサンケイスポーツの柴田章利さん、西がデイリースポーツの井上達也さん。お二人の自信の勝負レースの買い目のほか、土曜日の重賞「中日新聞杯(G3)」、日曜日の重賞「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」の印を紹介します。

先週は、研究ニュースの京増真臣さんが中山12R、スポーツニッポンの細原邦央さんが阪神11Rで勝負しましたが、どちらも的中しませんでした。お二人の今年の最終結果は、京増さんが5戦1勝 収支+235,000円、細原さんが5戦1分 収支-72,200円となりました。

スポンサーリンク

柴田章利 井上達也
成績 2017年勝負レース4戦1勝
-19,000円 回収率51%
2017年勝負レース5戦2勝
+179,150円 回収率380%

トラックマンTV 予想

井上達也 自信の勝負レース
中京8R 3歳上500万円以下
◎  1.アストロノーティカ
◯  3.フィビュラ
▲ 16.モルゲンロート
△ 12.サクセスエナジー
△  9.スズカゴーディー
△  4.スリラーインマニラ

「本命は一変を期待して①アストロノーティカ。この馬に騎乗し、中京の千四ダートで未勝利を勝っている菱田騎手が、一週前の追い切りに乗り、すごく感触が良かったという話をしていた。前走の12着で人気を下げるようなら狙い目。対抗③フィビュラは、芝でも好走しているが、ダートの方が内容はよりいい。初距離だが、力はあるといった印象。⑯モルゲンロートは、大外枠に入ってしまったが、前走 外枠でも上手く運べていたし、そんなに苦労することはないと思う。ここ2走の内容から短い距離が合うような印象」

買い目

井上達也

単勝
  5,000円

馬連
 1-3.16.12.9.4
5点 各1,000円

合計:10,000円

 

柴田章利 自信の勝負レース
中山9R 霞ヶ浦特別
◎ 10.ゴールドスミス
◯ 12.クラウンディバイダ
▲  8.シャインアロー
△  4.テスタメント
△  1.スマートエレメンツ
△  9.サンシロウ
△  5.トライブキング

「本命⑩ゴールドスミス。前走のtvk賞は、直線で前が詰まってしまい、もったいない競馬だった。今回、結果を出している中山コースに替わるし、調教の動きも良かった。信頼できる。⑫クラウンディバイダは、前走 切れ負けした感じ。先行力があるので、中山の千八は合う。単穴は中山で2着がある⑧シャインアロー。松岡騎手が前々から走ると言っていた馬で、今週 聞いても中山だったら絶対やれると言っていた。とにかく取材の感触が良かったので狙ってみたい」

買い目

柴田章利

3連単BOX
 10.12.8
6点 各1,000円

3連単F
 10 → 12.8 → 4.1.9.5
8点 各500円

単勝
  5,000円

合計:15,000円

 

中日新聞杯 2017
井上達也
◎ 12.ロードヴァンドール
◯ 10.ミッキーロケット
▲ 11.マキシマムドバリ
△  2.スズカデヴィアス
△  4.マウントロブソン
△ 13.メートルダール
△  6.フェルメッツァ

柴田章利
◎ 17.ショウナンバッハ
◯ 12.ロードヴァンドール
▲ 11.マキシマムドバリ
△ 10.ミッキーロケット
△  4.マウントロブソン
△  2.スズカデヴィアス
△  1.フルーキー


井上達也「本命⑫ロードヴァンドール。4走前の金鯱賞(2着)は、このレースを得意としている勝ち馬ヤマカツエースの決め手にやられてしまったが、最後までしぶとく粘っていた。今回マイペースで逃げが打てると思うので残り目はある。馬券は⑫の単勝と⑫から馬連で印に流したい」

柴田章利「抜けた主役がいないメンバーでハンデ戦。ハンデ差を生かした伏兵が十分台頭できる。本命⑰ショウナンバッハは、外を回して、最後伸びて来て、ちょっと届かずという競馬が多いけど、過去5戦を見るとすべて0秒5差以内。その以前までと比べて、ちゃんと最後まで伸びて来るようになったので、位置取りや、展開でガラッと着順が変わってもおかしくない馬。末脚が安定してきたところで、54キロで出走できる今回、狙ってみたい。馬券は⑰からワイドで印へ流す」

 

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017
井上達也(西の1位)
◎  7.リリーノーブル
◯ 11.ラッキーライラック
▲ 18.ロックディスタンス
△ 14.12.2.4.8

柴田章利
◎ 18.ロックディスタンス
◯ 11.ラッキーライラック
▲ 12.ソシアルクラブ
△  1.17.7.4

京増真臣(東の1位)
◎  8.トーセンブレス
◯ 18.ロックディスタンス
▲ 11.ラッキーライラック
△  4.7.12.16

林茂徳(東の2位)
◎  7.リリーノーブル
◯ 18.ロックディスタンス
▲ 11.ラッキーライラック
△  1.2.4.12.17


井上達也「本命はデビュー前から期待の大きかった⑦リリーノーブル。前走・白菊賞は直線 最内に進路を取り、余力十分に抜け出し勝利。中一週になるが、ダメージを残さない勝ち方で、G1でも通用する内容だったと思う。⑪ラッキーライラックは、フットワークがすごく良くて、器用さを兼ね備えている馬。ある程度 好位にも付けられるし、追ってからもしっかり伸びるので、十分上位を狙える一頭。馬券は⑦の単勝と⑦から馬連で印に流したい」

柴田章利「本命はオルフェーヴル産駒の⑱ロックディスタンス。デビュー戦は新潟で上がり32秒5というすごい脚を使ったので、洋芝(札幌2歳S)ではどうなのかな?と思っていたら、早めに動いても最後までしっかり脚を使っていた。今回は初のマイル戦になるが、外回りなら問題なさそう。対抗は新潟でのデビュー戦を実際に見てすごい強い馬だなという印象を持った⑪ラッキーライラック。前々である程度の位置をとっても、しっかり脚を使えるセンスがあるので、取りこぼしの少ないタイプだと思う。馬券は⑱から馬連で印に流す」

スポンサーリンク