【穴党】爆笑問題・田中裕二の競馬予想 2019

1/13のレース終了時点 | 2018年成績
成績
馬券 3戦1勝 本命馬 0-1-0-2
的中レース
1/13 日経新春杯
馬連 1,320円 3連単 10,530円

2019年1月 爆笑田中・競馬予想
1/13 日経新春杯

「◎ルックトゥワイスには昨年の勝ち馬パフォーマプロミスと恐ろしいまでの共通性がある。グレイトフルSを勝ち、初戴冠を狙う6歳馬であることや、所属厩舎(藤原英)、父親(ステイゴールド)から、グレイトフルSで1番人気に支持されていたこと、そして当時の鞍上(戸崎圭)まで同じ。となれば、歴史は繰り返す」

◎ 10.ルックトゥワイス 2着
◯  5.シュペルミエール 3着
▲ 16.ムイトオブリガード
△  2.グローリーヴェイズ 1着
△  4.アフリカンゴールド
△ 11.ノーブルマーズ
△  9.ケントオー

結果:2-10-5
払戻金:三連単10,530円 (18番人気)
馬連 6点 (的中!1,320円)
10.4.5.9.11.16
3連単1頭軸マルチ 90点 (的中!10,530円)
10.4..9.11.16


1/5 京都金杯

「◎ストーミーシー。前走のリゲルSではパクスアメリカーナに1秒1もちぎられた6着に終わったが、VTRを見返すと、相当ロスの多い競馬をしていたことがハッキリ分かる。実は昨年のこの京都金杯では0秒2差5着に善戦した馬。当時と同じハンデ54キロで、うまく立ち回れるようなら、馬券圏内食い込みがあってもいい」

◎  1.ストーミーシー 15着
◯ 12.パクスアメリカーナ 1着
▲  6.アドマイヤアルバ
△ 13.アサクサゲンキ
△  4.グァンチャーレ
△  8.ヒーズインラブ
△ 15.マイスタイル 2着

結果:12-15-7
払戻金:三連単98,580円 (267番人気)
馬連 6点
1-4.6.8.12.13.15
3連単1頭軸マルチ 90点
1 → 4.6.8.12.13.15
1/5 中山金杯

「◎タイムフライヤー。昨年5戦は勝ち星ゼロどころか、馬券にすら一度も絡めなかったが、菊花賞ではブラストワンピース(4着)とわずか0秒2差だった馬。近年最強と噂される明け4歳世代のG1馬がハンデ56キロ止まりで出られるのは実にラッキー。G1を制した舞台で復活劇を期待したい」

◎ 12.タイムフライヤー 5着
◯ 15.ステイフーリッシュ 2着
▲ 11.ウインブライト 1着
△  6.エアアンセム
△  8.マウントゴールド
△ 13.ナスノセイカン
△ 16.マイネルサージュ

結果:11-15-1
払戻金:三連単216,370円 (714番人気)
馬連 6点
12-6.8.11.13.15.16
3連単1頭軸マルチ 90点
12 → 6.8.11.13.15.16