【穴党】爆笑問題・田中裕二の競馬予想 2020

2/23のレース終了時点 | 2019年成績 | 2018年成績
成績
馬券:13戦1勝 本命馬:0-1-1-11
的中レース
2/16 共同通信杯
3連単 16,600円

2020年3月 爆笑田中・競馬予想
3/1 中山記念

「◎ダノンキングリー。2戦2勝の距離1800mなら現役最強クラス」

◎  3.ダノンキングリー
◯  5.ペルシアンナイト
▲  7.ラッキーライラック
△  1.インディチャンプ
△  8.ウインブライト
3連単F 24点
3 ⇔ 1・5・7・8 → 1・5・7・8
3/1 阪急杯

「◎ジョイフル。マイル志向より、スプリント志向が軽く扱われやすく、1200mからの臨戦馬の方が妙味あり」

◎  1.ジョイフル
◯  2.ライラックカラー
▲ 13.ハッピーアワー
△  3.ダイアトニック
△ 14.ベストアクター
△  6.フィアーノロマーノ
△ 17.ラヴィングアンサー
3連単1頭軸マルチ 90点
1 ⇔ 2・3・6・13・14・17


 

2020年2月 爆笑田中・競馬予想
2/23 フェブラリーステークス

「令和初のフェブラリーSを制するための準備を1年かけて進めてきたワンダーリーデルに◎。令和に入ってから6戦中5戦が東京。その中で距離マイルを克服し、当舞台で2勝を挙げている」

◎ 16.ワンダーリーデル 4着
◯  5.インティ
▲  3.ワイドファラオ
△ 12.モズアスコット 1着
△  2.アルクトス
△  9.サンライズノヴァ 3着
△  6.ミッキーワイルド

結果:12-15-9
払戻金:三連単464,920円 (939番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
16 ⇔ 2・3・5・6・9・12
2/16 共同通信杯

「やたら堀厩舎の所属馬が馬券に絡んでいる共同通信杯。堀ブランドの◎フィリオアレグロが今年、馬券になる可能性は結構高い」

◎  7.フィリオアレグロ 3着
◯  2.ビターエンダー 2着
▲  8.マイラプソディ
△  6.ダーリントンホール 1着
△  4.シングンバズーカ
△  3.ココロノトウダイ
△  1.エン

結果:6-2-7
払戻金:三連単16,600円 (57番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
7 ⇔ 1・2・3・4・6・8
2/16 京都記念

「当コースで重賞勝ちのある◎クラージュゲリエが、鞍上に川田を迎えての復帰戦。妙味は長期休養明けが微妙にオッズに反映される今回しかない」

◎  3.クラージュゲリエ 出走取消
◯  5.ステイフーリッシュ 3着
▲  9.ノーブルマーズ
△  7.クロノジェネシス 1着
△  1.カレンブーケドール 2着
△  6.アルメリアブルーム
△  2.プリンスオブペスカ

結果:7-1-5
払戻金:三連単1,770円 (2番人気)

3連単1頭軸マルチ 90点
3 ⇔ 1・2・5・6・7・9
2/9 東京新聞杯

「◎ケイアイノーテック。昨年の安田記念では7着とはいえ、勝ち馬と0秒4差なら、まだまだ終わった馬でもない。狙う価値は十分にある」

◎ 15.ケイアイノーテック 11着
◯ 12.シャドウディーヴァ 2着
▲  2.ヴァンドギャルド
△  9.レッドヴェイロン
△ 13.クリノガウディー 3着
△  5.サトノアーサー
△  3.モルフェオルフェ

結果:1-12-13
払戻金:三連単125,560円 (368番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
15 ⇔ 2・3・5・9・12・13
2/9 きさらぎ賞

「◎ギベルティ。新馬戦のレースぶりが、いかにも今の荒れた京都芝にマッチしているように映った」

◎  4.ギベルティ 4着
◯  8.アルジャンナ 3着
▲  7.ストーンリッジ 2着
△  5.グランレイ
△  3.トゥルーヴィル

結果:1-7-8
払戻金:三連単53,680円 (150番人気)
3連単1頭軸マルチ 36点
4 ⇔ 3・5・7・8
2/2 根岸ステークス

「直線だけの競馬に懸ける◎アードラーから。普通なら切り捨てられてしまう馬だが、追い込みが高確率で決まる、この根岸Sなら馬券圏内突入も十分に狙えるはずだ」

◎ 12.アードラー 12着
◯ 15.ダノンフェイス
▲  7.スマートアヴァロン 3着
△  5.コパノキッキング 2着
△  3.ミッキーワイルド
△  8.ブルベアイリーデ
△  4.ワンダーリーデル

結果:11-5-7
払戻金:三連単69,270円 (207番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
12 ⇔ 3・4・5・7・8・15
2/2 シルクロードステークス

「◎セイウンコウセイは、まだ終わった馬には見えない。モズスーパーフレアの2番手からの粘り込みがあるとみた」

◎ 14.セイウンコウセイ 5着
◯  3.モズスーパーフレア
▲  2.カラクレナイ
△  8.アウィルアウェイ 1着
△  6.エイティーンガール 2着
△ 12.ジョイフル
△  7.ラブカンプー

結果:8-6-15
払戻金:三連単105,860円 (338番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
14 ⇔ 2・3・6・7・8・12

 

2020年1月 爆笑田中・競馬予想
1/26 アメリカジョッキークラブカップ

「◎ウラヌスチャーム。当舞台2戦2連対、中山は4戦4連対の中山巧者」

◎  1.ウラヌスチャーム 7着
◯  3.ミッキースワロー
▲  5.スティッフェリオ
△ 10.ステイフーリッシュ 2着
△  9.ニシノデイジー
△  2.ラストドラフト 3着
△  8.グローブシアター

結果:11-10-2
払戻金:三連単10,540円 (22番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
1 ⇔ 2・3・5・8・9・10
1/26 東海ステークス

「◎キングズガード。明けて9歳ながら、目下最速上がり連発中で衰えなし」

◎ 14.キングズガード 5着
◯ 15.ヴァンジェンス 2着
▲  7.エアアルマス 1着
△ 13.インティ 3着
△  4.スマハマ
△  3.アングライフェン
△ 11.ビルジキール

結果:7-15-13
払戻金:三連単8,950円 (18番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
14 ⇔ 3・4・7・11・13・15
1/19 京成杯

「◎ビターエンダー。これといったマイナス要素は見当たらないのに、重い印は意外に少ないとなれば、ここが絶好の買い時」

◎ 10.ビターエンダー 4着
◯ 12.スカイグルーヴ 2着
▲  6.ゼノヴァース
△  1.クリスタルブラック 1着
△  4.ロールオブサンダー
△  7.ディアスティマ 3着
△ 11.ヴィアメント

結果:1-12-7
払戻金:三連単66,090円 (242番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
10 ⇔ 1・4・6・7・11・12
1/19 日経新春杯

「◎マスターコード。格上挑戦ながら、絶好の舞台(京都芝2400m/1.1.0.0)でハンデ53キロなら勝負になっても驚けない」

◎  3.マスターコード 8着
◯  2.レッドジェニアル
▲  1.メロディーレーン
△ 13.アフリカンゴールド
△  4.レッドレオン 2着
△  6.モズベッロ 1着
△ 14.プリンスオブペスカ

結果:6-4-8
払戻金:三連単110,680円 (365番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
3 ⇔ 1・2・4・6・13・14
1/12 シンザン記念

「◎プリンスリターン。朝日杯FSでは15番人気5着の大健闘。スムーズな競馬ができていれば複勝圏もあった。少なくとも人気の一角を占めるタガノビューティーは逆転できるとみて」

◎  6.プリンスリターン 2着
◯  9.ルーツドール
▲  4.タガノビューティー
△  1.サンクテュエール 1着
△  5.オーマイダーリン
△  7.ディモールト
△ 10.ヒシタイザン

結果:1-6-3
払戻金:三連単103,880円 (215番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
6 ⇔ 1・4・5・7・9・10
1/5 京都金杯

「◎オールフォーラヴ。昨年5月の当舞台・錦Sの勝ち内容、超速1分31秒6走破を素直に評価した」

◎  4.オールフォーラヴ 9着
◯  3.サウンドキアラ 1着
▲ 13.カテドラル
△ 18.ソーグリッタリング
△  6.ダイアトニック 2着
△  8.ドーヴァー
△  9.ストロングタイタン

結果:3-6-7
払戻金:三連単83,460円 (265番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
4 ⇔ 3・6・8・9・13・18

1/5 中山金杯

「福島民報杯(3着)で◎カデナの復調のきっかけをつくた鮫島克駿が、それ以来2度目の騎乗。弥生賞(1着)と同じ舞台でカデナが完全復活を果たす」

◎ 15.カデナ 11着
○ 17.ザダル
▲  8.ウインイクシード 2着
△  3.クレッシェンドラヴ
△  5.レッドローゼス
△  7.トリオンフ 1着
△  9.ギベオン

結果:7-8-1
払戻金:三連単107,910円 (333番人気)
3連単1頭軸マルチ 90点
15 ⇔ 3・5・7・8・9・17