トラックマンTV 阪神牝馬ステークス 2018「自信の勝負レース」予想と買い目

今週の出演者は、東が日刊競馬の桧原正行さん、西が競馬エイトの坂本和也さん。お二人の自信の勝負レースの買い目のほか、土曜日の重賞「ニュージーランドトロフィー(G2)」「阪神牝馬ステークス(G2)」の印を紹介します。

先週は競馬ブックの林茂徳さんが中山11R(ダービー卿CT)、研究ニュースの小宮邦裕さんが阪神10R(仲春特別)で勝負しましたが、お二人とも的中しませんでした。


桧原正行 坂本和也
成績 2018年勝負レース1戦0勝 -10,000円
2017年勝負レース5戦0勝 -53,000円
2018年勝負レース1戦0勝 -21,000円
2017年勝負レース5戦1勝 -83,600円

トラックマンTV 予想

桧原正行 自信の勝負レース
中山9R 野島崎特別 14:35発走
◎  5.ロッテンマイヤー 5着
◯  3.エイシンティンクル 4着
▲  2.シャララ 2着
△  8.アッフィラート 1着

「本命⑤ロッテンマイヤー。デビュー2戦目のクイーンカップ(G3)でメジャーエンブレムの3着という記録があり、早い段階で能力の高さを見せていた。その後、屈腱炎で長期の休養があって、足元への負担を考えてダートで復帰。そして叩き2走目の前々走で2着と、復活の兆しを見せた。前走に関しては不利があったので度外視。改めてと言うところ。対抗は、海外G1・2勝のエイシンヒカリの全妹で、逃げれば強い③エイシンティンクル。前走はハイペースがたたって9着に失速したが、今回はマイペースの逃げに持ち込めそうなので。②シャララは、今年に入って1600mだが、中山で2着・3着・3着と、先行してしぶとい走りを見せているので3番手に。⑧アッフィラートは、前走・中々印象的な脚を使っていたので印を付けた」

買い目

馬単
 5 → 3 3,000円
 5 → 2 3,000円
 5 → 8 2,000円

3連単
 5 → 3 → 2.8 各1,000円
 3 → 5 → 2.8 各1,000円

総額:12,000円

阪神牝馬ステークス 2018
坂本和也(勝負レース)
◎  3.リスグラシュー 3着
◯  6.ソウルスターリング
▲  1.ジュールポレール
△ 13.ラビットラン
△ 11.ミスパンテール 1着
△  4.ミエノサクシード
△  2.アドマイヤリード
△  7.エテルナミノル

桧原正行
◎  3.リスグラシュー 3着
◯ 11.ミスパンテール 1着
▲  6.ソウルスターリング
△  2.アドマイヤリード
△ 13.ラビットラン
△  1.ジュールポレール
△  8.ミリッサ

桧原「本命③リスグラシュー。阪神JF 2着、牝馬3冠 2着・5着・2着と、いい競馬をするけど勝ちきれないレースが続いていたが、前回1600に戻して強い競馬をしてくれた。今にして思うと、重賞2勝した1600が一番合うのかなという印象。対抗は⑪ミスパンテール。印象深かったのは前々走のターコライズS。直線で前が中々開かず、追い出しをかなり待たされる形だったが、最後もの凄い切れ味で差し切った。今回予想されるスローの瞬発力勝負比べには一番向いてる馬だと思う。馬券は③リスグラシューから馬連でオッズを見ながら何点か、それ以外に⑪ミスパンテールの単勝を買いたい」

買い目

坂本和也(勝負レース)

馬連
 3-6 5,000円
 3-1.13.11.4.2.7 各3,000円

総額:23,000円

 

ニュージーランドトロフィー 2018
桧原正行
◎ 14.ケイアイノーテック 2着
◯  5.カツジ 1着
▲ 12.リョーノテソーロ
△ 15.アンブロジオ
△  8.ラムセスバローズ
△ 10.ファストアプローチ
△  2.デルタバローズ 3着

坂本和也
◎ 14.ケイアイノーテック 2着
◯  5.カツジ 1着
▲  6.カシアス
△ 10.ファストアプローチ
△  7.エントシャイデン
△  8.ラムセスバローズ
△ 12.リョーノテソーロ
△ 15.アンブロジオ

桧原「本命⑭ケイアイノーテック。デイリー杯2歳S(G2)3着、朝日杯FS(G1)4着と重賞で好走。朝日杯FSの後のこぶし賞(2着)は、ちょと渋った馬場で、持ち味を活かせなかった。前走(500万下)は勝って当たり前のメンバーだったが、メンバー中ただ一頭33秒台の脚を使って後続を突き放した。このメンバー構成ならG2でも。馬券は⑭ケイアイノーテックを1着固定にして、⑤カツジを2着・3着に入れて、印の馬へ三連単で流したい」

坂本「毎年ニュージーランドTは、いろんな路線から参戦してくるので力の比較が難しい。その中でも今後も見据えて素質のありそうな馬を中心に予想を組み立てた。馬券は本命馬⑭ケイアイノーテックから馬連で手広く行きたい」