2018年7月 競馬展望プラス 競馬ブックTM&稲富菜穂予想

7/15 競馬ブックTM「函館記念」予想

7月13日放送の「競馬展望プラス」の担当記者は坂井直樹さん、アシスタントは昨年の北九州記念で100万馬券を的中させた稲富菜穂さん。競馬ブックTMトークの出演者は山下健さんと唐島有輝さんです。

坂井直樹
◎  7.トリコロールブルー 6着
◯  1.ブラックバゴ
▲ 10.ブレスジャーニー
 6.エアアンセム 1着
△  5.スズカデヴィアス

山下健
◎  4.クラウンディバイダ 13着
◯  7.トリコロールブルー
▲ 10.ブレスジャーニー
 6.エアアンセム 1着
△  5.11.13

唐島有輝
◎ 11.マイネルハニー 14着
◯  6.エアアンセム 1着
▲  7.トリコロールブルー
 4.クラウンディバイダ
△  5.10

坂井「本命⑦トリコロールブルー。前走の鳴尾記念(G3)は、開幕週の時計勝負でレコード決着の3着。ラチ沿いをピッタリ回って来た勝ち馬とは対照的に、トリコロールブルーは馬群の外をグルっと回って来た。レコード決着ほど時計が速くなると、外を回ると本当に不利。そういう意味では、この競馬をして、最後までしっかり伸びて3着というのは、結果として決して悪くなかった。むしろ力を示す内容だったと思う。このメンバーに入るとこの馬が一番有力」

買い目

坂井直樹
枠連
 [4]-[1].[3].[4].[6] (4点)

唐島有輝
単勝
 11
馬連
 11-6.7.4.5.10 (5点)
馬連BOX
 11.6.7.4.5.10 (15点)

山下健
単勝
 
複勝
 
馬連
 4-7.10.6.5.11.13 (6点)
3連複F
 4.7-10.6.5.11.13-10.6.5.11.13 (20点)

稲富菜穂 函館記念 予想

「本命は人気に逆らわず⑦トリコロールブルー。前走の鳴尾記念は開幕週の高速決着で3着。重賞でも通用する力を見せてくれた。まだキャリア10戦だけに伸びシロもたっぷり」

函館記念の印
◎  7.トリコロールブルー 6着
○  5.スズカデヴィアス
▲  3.サクラアンプルール 2着
△  1.ブラックバゴ
△ 10.ブレスジャーニー

スポンサーリンク

 

7/8 競馬ブックTM「七夕賞」「プロキオンS」予想

7月6日放送の「競馬展望プラス」の担当記者は西村敬さん、アシスタントは昨年の北九州記念で100万馬券を的中させた稲富菜穂さん。競馬ブックTMトークの出演者は石橋慶光さんと藤原有貴さんです。

七夕賞
石橋慶光
◎  7.ワンブレスアウェイ 5着
◯  6.サーブルオール
▲  3.マイネルフロスト
△  5.マイネルサージュ 2着
△ 11..10

藤原有貴
◎  5.マイネルサージュ 2着
◯  6.サーブルオール
▲ 11.マイネルミラノ
 3.マイネルフロスト
△  2.10.

早坂義晃
◎  6.サーブルオール 4着

早坂「本命⑥サーブルオール。重馬場が残った場合にこの馬が浮上すると見ている。前回エプソムカップ(G3)は強敵相手に4着と好走しているし、ハンデも55キロ。例年よりも手薄な七夕賞だったら十分、勝ち負けになると見ている」

買い目

石橋
馬単マルチ
 7 ⇔ 6.3.5.11.4.10 (12点)

藤原
3連複2頭軸
 5.6-11.3.2.10.4 (5点)

ワイド
 5-11

早坂
単勝
 

 

プロキオンステークス
西村敬
◎  6.インカンテーション 2着
◯  2.ドリームキラリ
 3.ウインムート 3着
△  5.ルグランフリソン
△  7.キングズガード
△  8.ドライヴナイト
△ 12.ブラゾンドゥリス

牟田雅直
◎  6.インカンテーション 2着
◯ 13.マテラスカイ 1着
▲  7.キングズガード
 5.ルグランフリソン
△  3.ウインムート 3着
△  2.ドリームキラリ
△  1.サクセスエナジー

西村「本命⑥インカンテーション。フェブラリーS(G1)でノンコノユメ、ゴールドドリームの2頭と三つ巴の接戦を演じたのだから、ここでは実力が一枚上。雨である程度時計が速くなっても対応できると思う」

牟田「本命⑥インカンテーション。ダートでは千四という距離は初めてだが、スピード的にはマイルでもそこそこ先行できるくらいのスピードがある。ただ今回、行きたい馬がたくさんいて、脚抜きの良いダート。超高速決着になった時に対応できるかどうかがポイントになる。仕上がりに関しては不安なところはなく、内である程度流れに乗って競馬ができれば、力を見せてくれると思う」

買い目

西村
6-2.3.5.7.8.12 (6点)

稲富菜穂 プロキオンS 予想

「本命⑦キングズガード。前走のかきつばた記念はサクセスエナジーに負けてしまったけど、相手より4キロも重い斤量58キロなら悲観する必要なし。2走前の黒船賞も田んぼのような馬場で頑張っている。直線の短い地方で連続2着なら、中京では1着しか見えません。馬券は◎〇の2頭を軸に」

プロキオンSの印
◎  7.キングズガード 7着
○  3.ウインムート 3着
▲ 13.マテラスカイ 1着
△  6.インカンテーション 2着
△  2.ドリームキラリ
△  1.サクセスエナジー

 

7/1 競馬ブックTM「CBC賞」「ラジオNIKKEI賞」予想

6月29日放送の「競馬展望プラス」の担当記者は山田理子さん、アシスタントは昨年の北九州記念で100万馬券を的中させた稲富菜穂さん。競馬ブックTMトークの出演者は小宮邦裕さんと井尻雅大さんです。

CBC賞 2018
牟田雅直
◎ 12.ダイメイフジ 11着
◯ 18.アサクサゲンキ
▲ 13.ナリタスターワン
 4.コウエイタケル
△ 16.6.7

山田理子
◎ 16.ペイシャフェリシタ 15着
◯ 12.ダイメイフジ
▲ 18.アサクサゲンキ
 7.ダイメイプリンセス
△  6.

小宮邦裕
◎ 18.アサクサゲンキ 4着
◯ 12.ダイメイフジ
▲  8.アレスバローズ 1着
△ 16.ペイシャフェリシタ
△ 15.10

井尻雅大
◎  8.アレスバローズ 1着
◯ 18.アサクサゲンキ
▲ 12.ダイメイフジ
△ 15.ワンスインナムーン
△  6.アクティブミノル

山田「⑯ペイシャフェリシタを本命にした決め手は、4走前の中京戦(浜松S)でのラストの決め脚。ラスト3F 11.5-11.4-11.3の加速ラップで突き抜け、1分7秒6の好タイムで勝利。休み明け初戦から走れる仕上がりにあり、中京芝1200mなら重賞でも期待できる」

牟田「本命⑫ダイメイフジ。前走・安土城Sでは、安田記念(G1)を勝ったモズアスコットに競り勝った。折り合いさえ付けば、最後は必ずいい脚を使って伸びてくる。折り合いという点を考えれば、距離短縮は大歓迎。実際1200mの成績もいい。連勝で重賞制覇も期待できる」

買い目

山田理子
単勝
 16
馬連
 12-16

井尻雅大
3連単
 8 → 18 → 12
 8 → 12 → 18

小宮邦裕
馬連
 18-12.8.16.15.10 (5点)

ラジオNIKKEI賞2018
長島広幸
◎  6.フィエールマン 2着
◯  3.キューグレーダー
▲ 11.シセイヒテン
 2.メイショウテッコン 1着
△  9.10.1

「本命⑥フィエールマン。前走・山藤賞は、大きく出遅れて後方からの競馬になったが、勝負所から長く脚を使い、最後は余裕を持って2馬身半差の完勝と、力の違いを見せつけた。時計も優秀で、このレースのひと月前に行われたスプリングS(G2)と同タイムであることからもレベルの高さが伺える。再度、一息入ったが、中間の動きに関しては申し分なく、順調に仕上がったと思う。ここも難なく突破する」

買い目

長島広幸
単勝
 
馬連 (的中!830円)
 -3.11..9.10.1 (6点)

稲富菜穂 CBC賞 予想

「本命⑦ダイメイプリンセス。目下の連勝はともに直線競馬(1000m)とはいえ、1200mでも3勝マークなら侮れない。充実期に入った今が狙い時」

CBC賞の印
◎  7.ダイメイプリンセス 9着
○ 12.ダイメイフジ
▲  9.セカンドテーブル 3着
△ 18.アサクサゲンキ
△ 13.ナリタスターワン
△  2.トウショウピスト
△ 14.フミノムーン

スポンサーリンク