競馬予想 馬キュン 東京新聞杯 2018 予想動画

『イチオシ大予想TV 馬キュン!』のスピンオフ企画『裏馬キュン!』。今週の出演者は、デンジャラスの安田和博さん、タップダンサーのHAMACHIさん、日刊競馬の久保木正則さんで、きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)を予想します。

スポンサーリンク

裏馬キュン!現在の順位

1位.じゃい 33310pt
2位.久保木 23410pt
3位.HMACHI 18420pt

4位.岡野、5位.安田、6位.土屋、7位.土井、8位.シリ(馬王。)

東京新聞杯 2018
デンジャラス安田
◎  3.サトノアレス 2着
○  7.クルーガー
▲ 15.ダイワキャグニー 3着
△  1..10.16

HAMACHI
◎ 15.ダイワキャグニー 3着
○  7.クルーガー
▲ 16.グレーターロンドン
△  1.2..

久保木記者
◎  3.サトノアレス 2着
○ 15.ダイワキャグニー 3着
▲ 13.カデナ
△  1.4.7.10

インスタントジョンソンじゃい
◎ 16.グレーターロンドン 9着
○  4.ディバインコード
▲  9.ハクサンルドルフ
△  2.3.8.10

ナイツ土屋
◎ 16.グレーターロンドン 9着
○ 15.ダイワキャグニー
▲  8.リスグラシュー
△  3.10.11.14

ワンダラーズ土井
◎  1.アドマイヤリード 12着
○  7.クルーガー
▲ 16.グレーターロンドン
△  3.8.9.14

シリ(馬王。)
◎ 11.ベルキャニオン 7着
○ 15.ダイワキャグニー
▲ 16.グレーターロンドン
△  3.4.8.10

岡野陽一
◎  7.クルーガー 8着
○  3.サトノアレス
▲  8.リスグラシュー
△  1.9.10.15


久保木「本命③サトノアレス。朝日杯FSを勝った後、ちょっと伸び悩んだので、早熟かなというイメージを持っている方は多いと思う。実はデビューの時から比べると前回は20kgぐらい体重が増えていて、ちゃんとパワーアップもしている。一頃、伸び悩んだのは、適性のない距離を使っていたから。函館記念(G3)の後はきっちり休ませて、マイルを使いだしてからは、本来の能力に近いモノを出しはじめた。富士S(G3)は、道悪が影響して6着だったけど、キャピタルSの2着は、この馬の本来のパフォーマンスだと思う。中間は鍛えられて、動きも抜群に良かった。ある程度自信のある本命です」

じゃい「本命⑯グレーターロンドン。安田記念(G1)に出ても本命にするぐらいの馬。他にそんな馬がいるかというとこのメンバーにいない。確かに大外で乗り替わりという不利な材料もあるが、実力的にココでは抜けている。この馬は相当強いと思うし、東京マイルはベスト条件。オッズも5倍ぐらいで、めちゃくちゃおいしい」

馬キュン!カード
  • 馬クダン:① アドマイヤリード
  • 馬クダン:④ ディバインコード
  • 馬クダン:⑮ ダイワキャグニー

※馬クダンカードの情報はUMAJIN.netに無料会員登録すればGETできます。

 

買い目

安田
3連単マルチ18点
 3 → 7.15.16
馬連7点 (的中!2,450円)
 -1.7..10.13.15.16
合計:25点

HAMACHI
3連複F (的中!4,630円)
 7.15-7.15..16-7.15.3.16.1.2..11
合計:24点

久保木
単勝
 
3連複5点
 3-13-1.4.7.10.15
合計:6点

 

きさらぎ賞 2018
デンジャラス安田
◎ 10.カツジ 5着
○  8.グローリーヴェイズ
▲  4.ラセット
△  7.9

HAMACHI
◎  4.ラセット 3着
○ 10.カツジ
▲  9.ダノンマジェスティ
△  .6

久保木記者
◎  8.グローリーヴェイズ 2着
○  3.サトノフェイバー 1着
▲  9.ダノンマジェスティ
△  5.10

インスタントジョンソンじゃい
◎  9.ダノンマジェスティ 9着
○  8.グローリーヴェイズ
▲  5.レッドレオン
△  3.10

ナイツ土屋
◎  4.ラセット 3着
○  8.グローリーヴェイズ 2着
▲  9.ダノンマジェスティ
△  5.7

ワンダラーズ土井
◎  4.ラセット 3着
○  8.グローリーヴェイズ 2着
▲  9.ダノンマジェスティ
△  .10

シリ(馬王。)
◎  9.ダノンマジェスティ 9着
○ 10.カツジ
▲  8.グローリーヴェイズ
△  4.7

岡野陽一
◎  3.サトノフェイバー 1着
○ 10.カツジ
▲  8.グローリーヴェイズ 2着
△  4.9



 

久保木「本命は関東期待の一頭⑧グローリーヴェイズ。デビュー戦は逃げて勝って、前回のこうやまき賞は後方から最速の末脚で差してきて2着。キャリアたった2回のなかで両極端な競馬ができた点が、まずこの馬のレースセンスの高さ。キャリアの浅い馬たちの戦いで、展開が今一つ読めないという中で、この自在性があるというのは強み」

馬キュン!カード
  • 馬クダン:⑦ オーデットエール

※馬クダンカードの情報はUMAJIN.netに無料会員登録すればGETできます。

※買い目の発表なし

スポンサーリンク