競馬予想 馬キュン 弥生賞 2018 予想動画

『イチオシ大予想TV 馬キュン!』のスピンオフ企画『裏馬キュン!』。今週の出演者は、デンジャラスの安田和博さん、タップダンサーのHAMACHIさん、日刊競馬の久保木正則さん。『弥生賞(G2)』を予想します。

スポンサーリンク

裏馬キュン!現在の順位

1位.じゃい 123860pt
2位.HAMACHI 97600pt
3位.岡野陽一 75130pt

4位.シリ(馬王。)、5位.久保木、6位.土井、7位.安田、8位.土屋

弥生賞2018
デンジャラス安田
◎  8.ワグネリアン 2着
○ 10.サンリヴァル
▲  9.ダノンプレミアム 1着
△ 1.4

HAMACHI
◎  1.オブセッション 7着
○  9.ダノンプレミアム
▲  8.ワグネリアン
△  3.7

久保木記者
◎ 10.サンリヴァル 4着
○  9.ダノンプレミアム
▲  8.ワグネリアン
△  1.3

吉岡記者
◎  1.オブセッション 7着
○  9.ダノンプレミアム
▲  8.ワグネリアン
△  3.10

インスタントジョンソンじゃい
◎  8.ワグネリアン 2着
○  1.オブセッション
▲  9.ダノンプレミアム
△  4.10

ナイツ土屋
◎  8.ワグネリアン 2着
○  5.ヘヴィータンク
▲  3.ジャンダルム
△  9.10

ワンダラーズ土井
◎  9.ダノンプレミアム 1着
○  3.ジャンダルム
▲  8.ワグネリアン
△  1.10

岡野陽一
◎  1.オブセッション 7着
○  9.ダノンプレミアム
▲ 10.サンリヴァル
△  3.8

シリ(馬王。)
◎  9.ダノンプレミアム 1着
○  3.ジャンダルム
▲  8.ワグネリアン
△  7.10


久保木記者「本命⑩サンリヴァル。まず中山2000mにこだわって使ってきてるのはいい。前回のホープフルS(G1)は、ペースがちょっと速くて先行馬には厳しい流れになったが、そのなかで唯一先行して粘ったのがこの馬だった。おそらく今回、逃げると思う。そうすると前回ほど飛ばさずにすみそう。いろいろと注文がつくが、上手く後続を離して且つ、平均ちょっと遅めのペースぐらいで逃げられれば、上位3頭あるいは4頭の一角も崩せるかなと思っている。この馬は、2走前の芙蓉Sを1000m通過63秒9、上がり3F 34秒1でまとめているので」

吉岡記者「本命①オブセッション。やはり前走のシクラメン賞。2歳で阪神の芝1800mを1分45秒6で走れる馬というのは普通いない。普通に考えて阪神の芝1800mで2~3歳時にかけて1分46秒台で走ればG1レベルという評価でいい。確かに2歳戦としては、前半1000mが59秒1と流れたが、4馬身差の圧勝なので、まず記録的にも、そして勝ちっぷり、そして使った上がり3F33秒5、すべてにおいて言うことがなかった。私にとっては今年のダービーの最有力候補」

馬キュン!カード
  • 馬クダン:④ リビーリング
  • 馬クダン:⑨ ダノンプレミアム
  • 馬クダン:⑩ サンリヴァル

※馬クダンカードの情報はUMAJIN.netに無料会員登録すればGETできます。

 

買い目

安田
3連単1頭軸マルチ18点
 8 → 4.9.10
馬連6点 (的中!300円)
 -1.3.4.7..10
合計:24点

HAMACHI
3連複
 1-9-3.4.7.8.10
合計:5点

久保木記者
3連複
 9-10-1.3.8
合計:3点

スポンサーリンク