競馬予想 馬キュン 天皇賞春 2018 予想動画

今週はアンタッチャブルの柴田英嗣さん、デンジャラスの安田和博さん、ナイツの土屋伸之さん、競馬ブックの吉岡哲哉さん、菊地真琴さんで『天皇賞・春(G1)』を予想します。

過去10年1番人気はたったの1勝、10番人気以下が2勝もしている波乱含みのレースで、圧倒的に内枠が有利という傾向が出ている。

スポンサーリンク

 

春 天皇賞 2018

アンタッチャブル柴田
◎ 11.シュヴァルグラン 2着
○  6.ガンコ
▲ 12.レインボーライン 1着
△  1.2..14

デンジャラス安田
◎ 10.サトノクロニクル 12着
○  2.チェスナットコート
▲ 11.シュヴァルグラン 2着
△  6..12.14

ナイツ土屋
◎ 15.トーセンバジル 6着
○ 11.シュヴァルグラン 2着
▲  6.ガンコ
△  2..10.12.16

競馬ブック吉岡
◎ 11.シュヴァルグラン 2着
○ 12.レインボーライン 1着
▲ 15.トーセンバジル
△  6..10.14

馬キュンカード!

カレンミロティック「有力馬の陣営が『いい枠に不気味な馬が入ったな』と警戒を強めたのがこの馬。春の天皇賞にめっぽう強く、キタサンブラックとハナ差の接戦を演じたレースは、まだ記憶に新しい。前走・阪神大賞典は早々と追い出す苦しい展開にもかかわらず、そこから踏ん張って5着。関係者は『あの手応えで良く踏ん張っているよ。今年の天皇賞のメンバーなら、展開のカギを握るカレンミロティックを軽視するわけにはいかないだろう。2番手がガンコなら、ジョッキーの心理を含めて、早めに突くようなことはないはず。後ろが“金縛り”にあって、あれよ、あれよ、あれよってことも、十分考えられる。終始内のいいところを走れるのは強みだし、カレンの激走は頭に入れて置いた方がいい』と猛プッシュ。穴ならこの馬か」

吉岡「④カレンミロティックは10歳馬。道悪とか、そういう雨の影響を受ける馬場であれば怖さはある。しかし、先週土曜の高速馬場であれば…。高齢馬は持ちタイムを詰めるのがかなり厳しい。この馬の持ちタイムは3分14秒8。勝ちタイムがこれくらいで収まれば、というところはあるが、今年はもうちょっと速くなる。だから厳しいと思う」

馬クダン!カード
  • 馬クダン:② チェスナットコート
  • 馬クダン:⑤ ヤマカツライデン
  • 馬クダン:⑫ レインボーライン
  • 馬クダン:⑭ アルバート
  • 馬クダン:⑮ トーセンバジル

※馬クダンカードの情報はUMAJIN.netに無料会員登録すればGETできます。

 

買い目

柴田

馬連 (的中!10.3倍)
 11-2.6.12
3点 各1,000円 計3,000円


吉岡

枠連 (的中!10.2倍)
 [6]-[6] 2,000円
 [6]-[8] 1,000円
計3,000円


安田

馬連
 10-2.6.8.11.12.14.15
7点 各1,000円 計7,000円


土屋

馬連
 11-15 1,000円
 15-2.6.8.10.12.16
6点 各500円 計4,000円

じゃい 天皇賞・春 予想

「絶対的な中心馬不在で混戦模様の中、本命に⑭アルバートを推す。ステイヤーズSを3連覇した究極のマラソンランナー。休み明けの前走・阪神大賞典(4着)はあくまで叩き台で、今回は確実に前走以上の出来。枠はやや外めだが、脚質的に問題ない。3200m以上で負けたのは天皇賞・春だけで、昨年のメンバーでアルバートより上位馬で出走してくるのはシュヴァルグランだけ。ここは最大のチャンス」

春天皇賞の印
◎ 14.アルバート 8着
○ 11.シュヴァルグラン 2着
▲  6.ガンコ
☆  2.チェスナットコート
△  1.ミッキーロケット
△  4.カレンミロティック
△  8.クリンチャー 3着
△ 12.レインボーライン 1着

買い目

3連単軸2頭マルチ
 14.11 → 1.2.4.6.8.10.12.15.16

54点 各500円 合計27,000円

じゃいさんの書籍
じゃい スポニチG1予想成績
6戦0勝
勝負 購入 払戻 収支
天皇賞春 27,000円 0円 -27,000円
皐月賞 47,000円 0円 -47,000円
桜花賞 19,200円 0円 -19,200円
大阪杯 24,000円 0円 -24,000円
高松宮記念 21,600円 0円 -21,600円
フェブラリーS 16,800円 0円 -16,800円
合計 128,600円 0円 -155,600円
スポンサーリンク